画像

写真拡大 (全3枚)

 IROYAは、大和ハウス工業グループ等と連携し、小売流通事業者に特化したオムニチャネル支援サービス「Monopos」を開発。提供を開始した。

 IROYAは、同社が運営するEコマースサイト「IROZA」での経験を基に、小売流通事業者に特化したオムニチャネル支援サービス「Monopos」の提供を開始した。これは、店頭オペレーションや倉庫マネジメント、フルフィルメント業務に至るまで物流・流通・商流のノウハウを集積したもの。

 また開発に際しては、大和ハウス工業グループ・大和物流、Daiwa GF Logi、フレームワークス他と業務提携を行っており、倉庫物流・流通・eコマース・販促・支払い・配送までをワンパッケージでサポートされる。

 同サービスでは、リアルタイムで店舗とECサイトのアイテム在庫を連携させることが可能。

 また、ECサイトの提供から、アイテムの撮影・採寸・原稿作成を含む商品登録、バーコード発行までのフルフィルメント業務に対応する。これにより、コストやリソース不足でECサイトの展開ができていなかった事業主も販売チャネル拡大を行うことが可能となる。加えて、第3のチャネルとしてIROZAへ在庫の共有もできる。

MarkeZine編集部[著]