12日、韓国の作家・趙廷来氏が、「民衆は犬や豚」との発言で物議を醸した教育部のナ・ヒャンウク政策企画官について公の場で猛批判した。資料写真。

写真拡大

2016年7月12日、韓国の作家・趙廷来(チョ・ジョンネ)氏が、「民衆は犬や豚」との発言で物議を醸した教育部のナ・ヒャンウク政策企画官について公の場で猛批判した。韓国・イーデイリーなどが伝えた。

趙氏は12日、ソウル市内で開かれた自著『野の花も花だ』(原題)の出版発表会で記者からナ氏の発言について問われ、「民衆を犬や豚に例え、身分制度を維持すべきと発言した彼は、その犬や豚に寄生するアブラムシか寄生虫のような存在」と述べ、ナ氏はもちろん、上官である教育部長官も辞任すべきだとの考えを示した。

また趙氏は、「税金を払わず国難に遭っても軍隊に行かないのが朝鮮時代の両班(ヤンバン・当時の貴族階級)の実態だった。だから朝鮮は滅んだ」とし、そうした身分制度を維持しようなどという考えを教育部の核心部署の長が持っているからこそ、「韓国の教育がこれほどめちゃくちゃになってしまった」と述べた。この日発表された趙氏の新著は韓国の教育問題をテーマとしており、生徒や保護者、教師などが直面する教育の現実を描いているという。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「その通り。やっぱり文筆家は言うことが違う」
「胸がスカッとした!趙氏の言葉は一つも間違ってないね」
「国民が犬や豚と言うなら、教育部職員を全員クビにして農畜産部に統一すればいい」
「人を全部入れ替えないと、こういう人間は必ずまた出てくる」

「教育部長官は辞任し、朴槿恵(パク・クネ)大統領は国民の前で謝罪すべきだと思う」
「上位1%が政治、権力、放送、新聞、財閥、金、自動車保険、製油所、建設、流通のすべてを握り、残りの99%を奴隷にした国」
「韓国で軍隊の次に腐っているのが教育部であることを証明してくれた」

「その寄生虫が僕の前に現れたら棒でたたきつぶしてやりたい」
「野の花も花だ。犬や豚も命だ」
「個人の利益のために1%に入り、99%の人の血を吸う高官は寄生虫に違いない」
「寄生虫だって、自分が寄生する場所には感謝するし、宿主に迷惑を掛けないものだ」

なお教育部は同日、問題発言をしたナ政策企画官の罷免を決定した。(翻訳・編集/吉金)