11日、中国のインターネット上に、「学ぶに値する日本人の心」と題する文章が掲載された。写真は日本のビジネスマン。

写真拡大

2016年7月11日、中国のインターネット上に、「学ぶに値する日本人の心」と題する文章が掲載された。

文章は「日本人の礼儀正しさは世界でトップクラス」「日本人と長年付き合っていると自分のことを“ガサツ”と思ってしまうことはないだろうか」と指摘し、学ぶべき点として以下の10項目を挙げている。

▽携帯灰皿がある:日本でたばこを買うと携帯灰皿がもらえることがある。一部の店では販売もしており、ポケットに入れて持ち運ぶことができる。

▽手洗い:清潔感を好む日本人は、まず手を洗うところから始める。幼いころからの習慣として食事の前やトイレの後、外出先から帰宅した際にも手を洗う。さらに、日本の水道水はかなり衛生的だ。日本ではどこでも蛇口をひねって水を飲むことができる。

▽着替え:日本の会社員、特に女性は毎日下着を替える。服も連続で同じものを着ない。もし連続で同じ格好をしてしまうと、「夜、家に帰らなかったの?」などと疑われてしまう。

▽話し声:日本人は公共の場で騒いだりしない。しゃべる時は落ち着いて穏やかに話す。このため、会話で唾が飛び散るといった現象は少ない。

▽プロ精神:仕事に携わる日本人は「プロ精神」を追い求める。日本ではずる賢い人は嫌われ、勤勉な人が愛される。日本の商品やサービスが高い評価を得る原因はここにあるのかもしれない。

▽歯磨き:日本人は歯を大切にしている。食事のたびに歯を磨く習慣があり、多くの日本人が食後に口をすすいだり、歯磨きをしたりしている。

▽入浴:日本人はお風呂が大好きだ。寝る前に入浴する人が多いが、中には眠気を覚まそうと朝に体を洗う人もいる。そして日本人は温泉好きでも有名。みんなが温泉に入る前、体の汚れを落とすという意識を持っている。

▽ごみの分別:日本人のごみの分別はとにかく細かい。ごみの種類によって袋や回収日が異なり、処理方法も再利用、埋め立て、焼却などさまざまだ。

▽団結と辛抱強さ:多くの日本人が個人としての能力の高さと強い団結力を持っている。これは数多くの国から『うらやましい』と思われている点だ。労働者も学生も夢や団結力、辛抱強さを持っている。

▽痰吐き:日本人はところ構わず痰を吐いたりしない。これは「他人への尊重」であると同時に、社会に対する責任感や個人の教養レベルの表れでもある。日本人は普通、持ち歩いているティッシュペーパーに痰を出し、その後ごみ箱に捨てる。(翻訳・編集/野谷)