画像

写真拡大 (全3枚)

 インターネットテレビ局「AbemaTV」は、更なる認知拡大やアプリ版のダウンロード促進を目指し、新テレビCM、並びに1,000万部を超える新聞折込広告を展開する。

 サイバーエージェントとテレビ朝日が共同出資しているAbemaTVが運営する動画サービス「AbemaTV」は、新たなテレビCMを7月15日より一部地域を除く全国にて放送を開始した。また7月16日には、同サービス初となる全国での新聞折込広告の展開を実施する。

新テレビCM(C)AbemaTV

 15日から放送するテレビCMでは、実際のスマートフォンでのサービス画面や、「AbemaTV」で放送する様々な番組のシーンが登場。アップテンポな音楽と共に、コンテンツラインナップの多彩さや、スマートフォンでのサービス利用をイメージさせる内容になっている。
新聞広告の一部(C)AbemaTV

 新聞広告に関しては、全8ページのパノラマワイド広告で、全国紙、地方紙など一部地域を除く全国にて、1,000万部超が本紙に折り込んで配布される。広告紙面では、「AbemaTV」のサービス紹介のほか、7月16日からスタートする、人気コンテンツの一挙放送や特別番組の放送などを行う「SPECIAL WEEK」にまつわるトピックを新聞のテレビ欄形式で紹介する。

MarkeZine編集部[著]