画像

写真拡大 (全5枚)

 親が子を気にかけるように、子供もまた、お父さん・お母さんのことを考えている。そんな様子が伝わる心温まる取り組みが台湾で行われました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:台湾
 企業/ブランド:LEGO
 業種:玩具

■働くお父さん、お母さんへ

 子供の想像力、発想力を伸ばす知育玩具として圧倒的な人気を誇るレゴが、台湾で心温まるサプライズプロモーションを行いました。

 世界でも労働時間の長いことで有名な台湾。毎日仕事で忙しい父親たちは、我が子と一緒に過ごす時間をとることができません。今回の企画の主人公であるHsiao Feng君という男の子も、そんなお父さんを持つ子供のひとりです

 いつも働いてばかりの父親を気遣うHsiao Feng君、大好きなレゴでプレゼントを作ることにしました。

 「お父さんは車を修理して売る仕事をしているんだ。」

 「だから僕、すごく強くて、絶対に壊れない車を作ってお父さんにあげるの。そしたらもう車を修理しなくていいし、毎日疲れて帰ってくることもなくなるから。」
 

 こう語ったHsiao Feng君の様子を収めた映像は、YouTubeのインストリーム広告、バナー広告などのほか、レストランや公共の場に設置されたデジタルサイネージを通じて多くの人に視聴されました。
 

 さらにレゴは、会社帰りのHsiao Feng君の父親に、巨大なスクリーンで先ほどの映像を流すというサプライズを用意。
 

 忙しい自分のことを心配する健気な我が子の姿に、驚きと感動がこみ上げます。

 このキャンペーンを通じてレゴが訴えたかったこと、それは子供たちの溢れる想像力の源は、お父さん、そしてお母さんだということ。

 子供たちはあっという間に成長し、親の元を離れていきます。『日々の生活や仕事に追われていても、少しだけ時間をとって、子供と向き合ってみませんか?そしてかけがえのない我が子との“今”を、どうか大切にしてください』そんなメッセージを込めた、レゴによる素敵な取り組みでした。

●動画はこちら

 

●先週の紹介キャンペーン

 347年の時を経て“光の画家”レンブラントの新作が誕生!カンヌライオンズ2冠を果たしたスゴい取り組み

 記事転載元:AdGang

山田 健介(株式会社PR TIMES)[著]