今日の【Noshの今ドキッ】では、7月11日(月)に、原宿でオープンした、一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会が、“若者が海外と繋がれるカフェ”をコンセプトにするカジュアル・ダイニング「Working holiday Connection」をご紹介します!

突然ですが、ワーキングホリデー制度をご存知ですか?

現在日本とワーキングホリデー協定を結んでいる国は16 カ国あり、日本と協定を結んだ国に一定期間滞在でき、その間の滞在費を補うため働いたりできる制度のことです。

そんな“若者が海外と繋がれるカフェ”をコンセプトした「Working holiday Connection」。どんなカフェなのかワクワクしますよね。

カジュアル・ダイニングで提供される料理の食材は、シーズン毎にワーキングホリデー協定国から取り寄せられるとのこと。

記念すべき第一弾は、毎年渡航先として1番人気のオーストラリアの料理です。その一部の料理をご紹介します。

 

■ふわとろパンケーキ


オーストラリアでもパンケーキが大人気♪

このふわっふわのパンケーキは、日本で和食を学び、オーストラリアへワーキングホリデーした後、シドニーの有名パンケーキ店で料理長を務めた日本人が帰国後に開発したオリジナルパンケーキです。


ナイフがいらないくらいサクッと切れて、スフレみたいにふわっふわ♡ 口の中でとろける感覚がもうたまらない♡

本場オーストラリアのリコッタチーズのコクでぐっと卵風味がアップして、まるでフレンチトーストを食べているかのよう。食べ終わるまでずっと幸せ気分が続きましたよ。

 

■Manly Mess (マンリーメス)


このとっても華やかなデザート、コロンと丸い容器に敷き詰められているのは、かき氷なんですよ♪

かき氷の上にはメレンゲ、生クリーム、ラズベリー、ストロベリー、エディブルフラワーを盛り付け、目にも舌にもおいしい新感覚スイーツ♡


メレンゲを壊しながらふわふわのかき氷とかき混ぜ、食べやすいように容器の中でごちゃ混ぜ(Mess)していただくのがおいしい食べ方♡

本場オーストラリアでは、海から上がって火照った体を冷やすために食べられているそうです。種類も3種類あるので、その日の気分で選んでみてくださいね。

 

■季節限定・ワニの手羽先(ディナーのみ)


突然現れたこのワニの手! びっくりしますよね。こちらワニの手羽先なんですよ!

ワイルドでオーストラリアらしいですよね♪ 意外かもしれませんが、ワニの肉ってこの硬くゴツゴツとした外皮からは想像がつかないほど透き通るように白いのです。


おそるおそるワニの肉を食べてみると、鶏肉みたいでとってもおいしい♡

ちょっと食感がしっかりとしていて、意外にもさっぱりとした味で、いくらでも食べられる勢いです♪

今の時期しか食べることができないディナー限定のワニ肉をぜひ食べてみてくださいね。

 

■アーティフィサーコーヒー


最後にご紹介するのは、オーストラリアのアーティフィサーコーヒーです。

実はカフェ・ダイニングではコーヒーにもかなり力を入れているのです。

バリスタ協会の審査員まで勤め上げた唯一の日本人Shoji Sasa氏が焙煎したコーヒー豆を輸入してカフェで淹れています。

豆独特の風味がダイレクトに感じられて、豆独特の苦味を出さないために極力浅煎りにしているとのこと。とても飲みやすくてどの料理にも相性がバツグンです。

オーストラリアだけではなく、今後どの国の料理が提供されるのかが今から楽しみですよね♪(つくし家)

【お店情報】

※Workingholiday Connection

住所:東京都渋谷区神宮前4-31-10  YMスクエア原宿2F

【関連記事】

※ しっとりまとまる髪へ♡ヘアードライヤー「ナノケア」が新発売【Noshの今ドキッ♡】

※ ロンシャンからフランスをイメージした新作バックが発売【Noshの今ドキッ♡】

※ 資生堂から秋冬のメーキャップシリーズが新登場【Noshの今ドキッ♡】

※ クロエから新作フレグランス「クロエ フルール ド パルファム」が誕生【Noshの今ドキッ♡】

※ バーバリーよりスティックタイプのリップ 「バーバリー フルキス」が登場!【Noshの今ドキッ♡】