この季節のご褒美といえば、なんといっても仕事上がりのビール! そんな向きにお届けしたい新店情報がこちらだ。

2016年5月9日、大手町にオープンした『新東記クラーク・キー』には、ビールと相性抜群の激辛&絶品シンガポール料理と、心地よいテラス席がスタンバイ。

夏!激辛!テラス!ビール!この時期にうってつけのスポット、今行かない手はない!



色々頼んで、仲間とワイワイ言いながらシェア。シンガポール料理には、そんなスタイルが似合う。キンキンに冷えたグラスがうれしい!
辛い! でも、最高に旨い! ビールが進みまくる料理の数々

夕方ともなると、頭の中はビールで一杯…この時期、そんな日々を過ごすビジネスマンにとって、本日の乾杯をどの店で遂行するかは死活問題。

がしかし、迷える子羊たちを一手に引き受ける、夏にぴったりの店がオープンしたとの情報が! 早速やってきたのは、大手町のオフィスビル「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」だ。



激辛メニュー代表格、「鶏のスパイシー揚げ 火山唐辛子の“ヒーヒー”炒め」1,480円。ピーナッツが甘みと食感のアクセントに。

噂の名店『新東記クラーク・キー』は、恵比寿にあるシンガポール料理店『新東記』の姉妹店。ビルの広場に大きくせり出すテラス席と、巨大なマーライオン像が目印だ。

ここでいただけるのは、スパイシーな本格派料理の数々。本場の香辛料がたっぷりと使われた料理は、見るからにホット!



シンガポール料理といえば! の「チリクラブ」も、ペッパーの刺激を加えた激辛バージョンあり。「シンガポール ペッパークラブ」。

お待ちかねの乾杯の後、まずは料理をひと口。う〜ん、辛い。とたんに身体がまたビールを求めだす。気付けば、ビールと料理の無限ループだ。

唐辛子のじんわり来る辛さ、山椒のびりびりと痺れる辛さ…どの料理も辛さの中にバリエーションがあり、何よりしっかり旨みもあって、さわやかながら深い味わい。流れる汗の、なんと気持ちいいこと!



この夏のいちおしメニュー「ココナッツチキンカレー(ロティ付き)」は、辛さとマイルドさが絶妙に調和する1品。
本格派の料理で、赤道直下のシンガポールを疑似体験!?

考えてみれば、シンガポール料理は1年を通して蒸し暑い常夏の国。そんな国で食べられている料理が、同じくじめじめと湿気の多い日本の夏と合わないわけがない。

実は恵比寿にある姉妹店はシンガポール政府観光局の第1号認定店だそうで、味はローカルのお墨付きだ。

ビールとともに夏の代名詞であるカレーも、現地ではおなじみのローカルフード。ここ『クラーク・キー』の夏のおすすめは、シンガポール産のスパイスを独自に配合し、たっぷりのココナッツミルクやマンゴー、レモングラスなどと煮込んだ「ココナッツチキンカレー」1,250円だ。唐辛子だけでも3種類を使い、奥行きのある味わいに仕上がっている。

シンガポール名物といえば「チリクラブ」だが、ピリ辛のチリソースがかかった一般的なものとはひと味もふた味も違う「シンガポール ペッパークラブ」1,500円もおすすめしたい。黒胡椒の風味を最大限生かした爽快な辛みが特徴だ。



「鉄板スタイル串焼き チキンサテー」400円(1本)。ピーナッツ入りのコクのあるソースをその場でかけ、もうもうと湯気が立ち昇る演出も。

また、現地では日本の焼き鳥的存在である串焼き「サテー」は、ローカルもビールと一緒に楽しむ鉄板メニュー。だからというわけではなかろうが、『クラーク・キー』では熱々の鉄板に乗せて提供される。エシャロットやレモングラス、唐辛子に漬け込んだ大山地鶏はプリプリの食感で、隠し味のピーナッツバターの甘みが癖になる。

ビールは、現地でもっともポピュラーな銘柄「タイガービール」750円がオンメニュー。すっきりしたのど越しが特徴のラガータイプのビールで、夏の夕方、グビっとやるには最適。料理の辛さを和らげてくれる、優しい麦の甘さもある。これはベストマッチ!


大手町には星のやがオープン予定!今注目のスポットなのだ!



おなじみの「タイガービール」は、蒸し暑い日にぴったりのすっきりした味わい。「シンガポールスリング」などのカクテルも豊富だ。
夜風が心地よいテラスは早い者勝ち! 艶っぽいソファ席もあり

店が位置する「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」は、あの「大手町温泉」を利用できるフィットネスクラブも入ったオフィスビル内の商業施設。

東京駅にも銀座にも近いし、地方や海外からの旅行者にもうってつけのエリアになるだろう。



仲間と賑やかに過ごすなら、やっぱり開放感のあるテラス席を選びたい。後方白いパラソルの下が1グループ限定のソファ席。

店に面したビル共有部の広場は、広々とした空間。人々が行き交い、ときにベンチでひと休みする姿が見受けられる。オフィスビルながら開放的な雰囲気の広場には、涼しい風が抜けていく。蒸し暑さを和らげてくれ、汗ばむ身体に心地いい。

その風を感じながらビールと料理を楽しめるのが、『クラーク・キー』のテラス席だ。実はこのテラス、1グループ限定で、ちょっとラグジュアリーなソファ席も用意されている。白いパラソルにリゾート感漂うこの席、ちょっとしたプチトリップ気分を味わえるとあって、要チェックだ。

ビールのほかに、エキゾチックなシンガポール名物のカクテル「シンガポールスリング」1,280円を注文すれば、より気分が盛り上がること間違いなし!



カラフルな店のロゴは、現地の「クラーク・キー」の代名詞でもある、7色にライトアップされた夜景をイメージしたもの。
厨房では、あのホテルの名店出身シェフが腕を振るう

他民族国家であるシンガポールの料理は、マレー料理や中国料理など、さまざまな文化がミックスされて生まれた新たな食文化。

一番影響を受けたという広東料理がベースに醤油を多用するためか、日本人の口にもすんなりと合い、食べやすさもある。

辛いだけでなく、深みや余韻を感じる味わいが、後引く美味しさの理由だ。ちなみに現在ヘッドシェフとして腕を振るうのは、「グランドハイアット東京」『チャイナルーム』の料理長だった中里卓氏。

「彼はさすがホテル出身。料理が何分何秒後に提供されるかまで考え、温度を測って計算しながら作るんです。だからお客さんには、一番美味しい状態で食べてもらえるんですよ」と店長。



甘党必見! マンゴーやココナッツアイス、黒米とライチのお汁粉などがぎっしり入った「マーライオンパフェ」1,100円もおすすめ。

広東料理の経験が豊富な中里氏の個性を生かすべく、「青鮫のふかひれコラーゲンスープ姿煮込み」など、この店ならではのスペシャリテも考案。

店自慢の濃厚なチキンスープをソースに仕立て、とろとろに煮込んだふかひれにかけて食べるこのメニューは、すでに人気の1品になっているとか。

店名は、シンガポールに行った人なら誰でも知る屈指の繁華街の名称「クラーク・キー」から命名された。「観光客も地元の人も、誰もが夜な夜な集まってワイワイ過ごす場所が『クラーク・キー』。そんな店にしたいと思って」。

店長の言葉通り、早くもオフィス街のオアシスとして賑わいを見せている。夏の夜、ビールとともに盛り上がりたいなら、今すぐチェックすべき一軒だ。