9日、四川省成都市都江堰市安龍鎮の何家ではあるお祝いの行事が行われた。それは羅斉氏さんが、子供ら身内と町内の人々に囲まれ、116歳の誕生日をお祝いする行事だった。家族五世代揃って記念写真(7月9日撮影)。

写真拡大

7月9日、四川省成都市都江堰市安龍鎮の何家コミュニティではあるお祝いの行事が行われた。それは都江堰市で最高齢、成都でも2番目に長寿のおばあちゃん、羅斉氏さんが、子供ら身内と町内の人々に囲まれ、116歳の誕生日をお祝いする行事だった。華西都市報が伝えた。

【その他の写真】

実は、羅斉氏さんのように長生きしている老人は、都江堰市安龍鎮では決して珍しい存在ではない。同鎮政府職員の陳さんは「安龍鎮の人口は2万4千人だが、うち100歳以上の高齢者は9人。100歳以上だけではなく、90歳から100歳までの高齢者が97人、80歳から90歳までが642人住んでいる。つまり、総人口わずか2万4千人の小鎮でありながら、80歳以上の高齢者が748人もいることになる」と紹介してくれた。

○長寿の秘密とは?
1.青城山の麓で空気がきれい
長寿の老人がこれほど多い理由について、陳さんは「安龍鎮は成都平原に位置し、昔から温和な気候と穏やかな天気、豊かな作物に恵まれている。青城山から10キロメートルほどしか離れていないことから、青城山の麓とも言える安龍鎮は雨も多く、空気も澄んでいて、人々は心身ともに心地よく過ごすことができるからだろう」と説明している。

2.何事にもくよくよしない
長寿と老人たちの穏やかな心理状態とは切っても切れない関係にある。116歳の羅斉氏さんにしろ、ここに住む100歳以上の他の高齢者にしろ、ある一つの共通点がある。それは何事にもくよくよしないことだ。争いごとは好まず、いつも穏やかな心を保ち、イライラしたり、自分で自分を苦しめるようなことはしない。

3.善意をもって人に尽くし、質素に暮らし、まめに働く
陳さんは「100歳以上の高齢者の多くは農民だ。よく働き、質素であることが彼らに共通した特徴だ」と話す。姜鳳楼さん(101)は「100歳まで長生きできたのは、善行を積んできたから。人をいじめず、人に迷惑をかけず、毎日真面目に暮らしていくだけだ」と話した。(提供/人民網日本語版・編集KM)