京セラ、理化学研究所、オーガンテクノロジーズは12日、再生医療技術を用いて脱毛症を治療する技術や製品の開発を行うための共同研究契約を締結したと発表した。

 脱毛症は、育毛剤や脱毛阻害薬、皮膚の移植術など、幅広い治療が行われているが、全ての症例に有効ではないという問題がある。そのため、毛髪が生えるために必要な毛包を、幹細胞を利用して再生する再生医療に期待が寄せられている。

 理化学研究所は、2012年にマウスにおいて毛を再生できることを実証しており、ヒトの脱毛症治療への応用可能性が示されている。この毛包再生技術をヒトの脱毛症治療に利用することが目標で、20年の実用化を目指すとしている。

 三者の役割分担は、京セラが細胞加工機器開発など、理化学研究所とオーガンテクノロジーズが幹細胞培養・増幅技術開発、細胞操作技術の開発、製造工程の確立、前臨床試験などを行う。