どうするつもり?「夫婦喧嘩を終わらせるのが下手な人」の特徴4つ

写真拡大

お宅では夫婦喧嘩をすることはありますか? 仲良くやっていこうと思うがゆえに、喧嘩になることって多々ありますよね。

“喧嘩するほど仲がいい”とは言っても、やはり夫婦喧嘩はストレスが溜まるものです。「できれば早く切り上げたい!」というのがお互い本音ではないでしょうか。

しかし、夫婦喧嘩を早く終わらせられる人もいれば、長引かせてしまう人もいます。そこには喧嘩の原因や内容以外のところで、その人自身の特徴があるようなのです。

そこで今回は、心理カウンセラーのOHMA/オーマさんに“夫婦喧嘩を切り上げることが下手な人の特徴”を伺ってきましたので、4つご紹介します。

 

■1:まじめで完璧主義な人

極端な完璧主義者で、常に正しく自分の思った通りにならないと気がすまない人は、夫婦喧嘩を長引かせる傾向にあります。

こういった完璧主義の人は、順序や規則・予定など、細部にいたるところまで守らなければならないという意識をもっています。そのため融通がききにくく、パートナーに対しても自分と同じ完璧な対応を求めてしまいます。

しかし相手は自分とは違う人間であり、そこに相違が生じるのは当然のことなのですが、完璧主義者は思い通りにならないと気がすまない側面があるために、夫婦喧嘩を収束に向かわせることが困難になってしまうのです。

 

■2:余計なことを言ってしまう人

“一言多い人”は夫婦喧嘩を長引かせがちです。

女性は今の自分の気持ちや感情を伝え合うことによって、問題を解決しようとします。

一通り気持ちを伝えて、それで終わりとなればいいのですが、夫婦喧嘩で怒りが大きくなってしまった場合、一言、二言、三言……と、言わなくてもいい余計なことを続けて言ってしまいます。

これは一方通行なコミュニケーションで、結果的に夫の感情に再度火を着けてしまうことになり、追加ラウンド勃発になりかねません。

 

■3:ひとりで気持ちを抱え込み過ぎる人

喧嘩中は不満を抱えているわけですから、その状況自体がストレスとなります。

そこで感じた不快な気持ちを、うまく処理できずにひとりで抱え込んでしまう人は、夫婦喧嘩を切り上げるのが難しくなってしまいます。

特に女性の場合、自分の気持ちや考えを言語として吐き出さなければ心がスッキリしません。

それがうまくできずに、気持ちを抱え込み過ぎる人は、いつまでたっても不快な気持ちが自分から出ていかないために、上手に夫婦喧嘩を切り上げることができません。

 

■4:自己愛が強い人

自己愛が強い人は、自尊心が高く、恥をかいたり批判をされたりするのを極端に嫌います。

夫婦喧嘩で生じたやり取りの中で、自分のパーソナリティーな面に対して具体的に指摘をされたりすると、相手に対しての怒りが大きくなってしまいます。

負けず嫌いでかつプライドが高く、自分を受容されることを過剰に求めるため、夫婦喧嘩になると相手を簡単には許せなくなります。結果、ズルズルと夫婦喧嘩を長引かせてしまうのです。

 

■夫婦喧嘩を長引かせないためには

夫婦喧嘩の場合、その場で無理に結論をだすことは難しいかと思います。特にヒートアップした場合は、短期的に切り上げることはさらに困難でしょう。

まずは一旦クールダウンの時間として、夫婦喧嘩となった発端・原因はさておき、お互いが落ち着くための行動を、双方が許容する必要があります。

一般的に女性は“今の感情・気持ち”と向き合おうとします。ですから、妻側がやるべきことは、自分の気持ちを夫以外の誰かに聞いてもらうことです。できれば話を聞くのが上手な人をチョイスしてください。

話を聞いてもらった際に、相手からアドバイスのようなものを言われても、それは気にしなくてもいいでしょう。まずは自分の気持ちを聞いてもらい、自分自身で気持ちの整理をすることが重要です。

一方男性は、“将来・未来の自分”と向き合おうとします。頭の中であれやこれや思考し、問題を解決に導こうとするのです。

そのためにはひとりで考える必要があります。つまり、そっとしておく時間が必要なのです。

双方が必要としている行動が達成できたのならば、結論が出なくてもスッキリしますので、喧嘩当初に比べて心も落ち着いていることでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

OHMA/オーマさんは「男性と女性は“違う生き物”と言ってもいいほど考え方に違いがあり、それをお互いに受け入れる姿勢と、受け入れてもらえる感謝の気持ちが大事」だとおっしゃいます。

相互理解があれば、何か不満が発生してもそれを過剰に発展させることなく、むしろ夫婦の絆をいい方向に導いてくれそうですね。

(ライター 沖田かへ)

 

【取材協力】

※ OHMA/オーマ・・・心理カウンセラー&コラムニスト。企業や大学を対象に専任心理カウンセラーとして活動する傍ら、執筆活動も行う。専門分野は人間関係、恋愛、キャリア、メンタルヘルス、人生論など。Twitter はこちら

 

【関連記事】

※ ムリムリ…関係修復できない!「夫婦仲を一気に壊す」魔のNGワード3つ

あぁ泥沼化…夫婦喧嘩がヒートアップする家の特徴4つ

脳の20%が委縮する!? 「夫婦喧嘩」が子どもに与える悪影響6つとケア方法

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ 知らないと損!キレイママはこっそり使っている「こだわりシャンプー」

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【姉妹サイト】

※ 叶姉妹の名言に学ぶ!どんな時も「ブレずに生きる」方法2つ

※ たった10秒!バレリーナ直伝「ごん太脚&タレ尻解消」一石二鳥エクサ

 

【画像】

※ Tiko Aramyan / Shutterstock