11日、爆笑動画で大ブレークしたPapiちゃんが初の生中継に挑戦。視聴者数は最高で6200万人を超えた。

写真拡大

2016年7月11日、爆笑動画で大ブレークし「モンスター網紅(ネットの話題人物)」と呼ばれるPapiちゃん(Papi醤)が初の生中継に挑戦。視聴者数は最高で6200万人を超えた。新浪が伝えた。

【その他の写真】

爆笑動画で知られるクリエイターのPapiちゃんは、スマホの動画アプリを使って昨年夏から投稿をスタート。じわじわと人気を集めていたが、再生速度と音声スピードをアップさせた動画がウケて爆発的な人気となり、中国版ツイッターのフォロワー数はすでに1600万人を突破。今年3月にはIT関連企業3社が1200万元(約1億8000万円)を融資したことが話題になり、名目共に中国トップの「ショート動画女王」となっている。

Papiちゃんの素顔は、上海出身の29歳の女性。ジャニーズ好き、日本のマンガ好きをこれまでに語っている。Papiちゃんの投稿する動画の爆笑ネタは、「彼氏出来たての女」「東北弁を話す台湾人」「女性芸能人に多いうそ」など、身近なテーマを拾ってウザさたっぷりに語るもの。その中毒性にやられるネットユーザーが続出している。

そのPapiちゃんが11日夜、初の生中継に挑戦。1時間半にわたる生放送では、瞬間最高視聴者数が6200万人を突破。1億回に迫る「いいね」を集め、ネット生中継としてはいずれも前人未到の新記録を達成している。(翻訳・編集/Mathilda)