『ファインディング・ドリー』ポスタービジュアル (C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

第76回アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、興収110億円の大ヒットとなった『ファインディング・ニモ』。その奇跡の冒険から1年後を描いた続編『ファインディング・ドリー』が全米で、公開4週目となった先週末に2016年公開作品の中でNo.1の興収を記録したことがわかった。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』が首位デビュー!

『ファインディング・ドリー』の7月10日現在の全米興収は4億2304万7192ドル(465億3519万1120円/1ドル110円換算)で、それまで今年一番の大ヒットとなっていた『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(4億624万3164ドル/446億8674万8040円)を抜き、2016年公開映画のトップに躍り出た。

また、歴代アニメ映画の中でも、『アナと雪の女王』(4億73万8009ドル/440億8118万990円)や『トイ・ストーリー3』(4億1500万4880ドル/456億5053万6800円)といった過去の大ヒットアニメ映画を抜き去り、歴代アニメ映画第2位まで上り詰めている。歴代1位となる『シュレック2』(4億4122万6247ドル/485億3488万7170円)超えまで、あと約20億円にまで迫っている。

日本でも大ヒットが予想される『ファインディング・ドリー』は7月16日より全国公開となる。

【全米歴代アニメーション映画ランキング(7/10現在)】
1位『シュレック2』4億4122万6247ドル/485億3488万7170円
2位『ファインディング・ドリー』4億2304万7192ドル/465億3519万1120円
3位『トイ・ストーリー3』4億1500万4880ドル/456億5053万6800円
4位『アナと雪の女王』4億73万8009ドル/440億8118万990円
5位『ファインディング・ニモ』3億8084万3261ドル/418億9275万8710円

【2016年全米公開全作品 興収ランキング(7/10現在)】
1位『ファインディング・ドリー』4億2304万7192ドル/465億3519万1120円
2位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』4億624万3164ドル/446億8674万8040円
3位『デッドプール』3億6307万709ドル/399億3777万7990円
4位『ジャングル・ブック』3億6017万5883ドル/396億1934万7130円
5位『ズートピア』3億4098万7247ドル/375億859万7170円

【関連記事】
興収3億ドル超えは7本! 7割を占める最強の映画会社とは?/2016年上半期映画ランキング
『ファインディング・ニモ』で人気のカメのクラッシュが帰ってきた!
つぶらな瞳が超絶キュートなベビー・ドリーのビジュアル解禁!
『ファインディング・ドリー』がアニメ映画史上全米歴代No.1を記録!