12日、スウェーデンの家具大手・イケア(IKEA)は米国で子どもの死亡事故が報告された商品に関し、中国でもリコールを開始した。写真は中国のイケア。

写真拡大

2016年7月12日、スウェーデンの家具大手・イケア(IKEA)は米国で子どもの死亡事故が報告された商品に関し、中国でもリコールを開始した。法制晩報が伝えた。

対象となるのは1999〜2016年にかけて販売したマルムシリーズなどのチェストで、その数は166万点を超えると見られている。イケアは問題のあった商品のリコールを北米で実施していたが、中国は「実施対象外」としたため消費者はボイコットを呼び掛けるなど反発。差別を指摘する声が出たことを受け、同社は6日、「差別ではない」とのコメントを出し、7日には「該当家具の固定サービスを無料で提供する。作業が困難な場合は返品に応じる」と発表するなどの対応を取っていた。

同社が中国でリコールに踏み切ったことを受け、中国のネット上には「やっと中国でも始まった」「本当に恐ろしい問題。リコールを決めたイケアは良心的と言える」「良心?最初は中国のことを重視していなかった」「リコールは当然だ。外国人も中国人も同じ命。対応に差を付けないでほしい」「当局はよく指導してくれた」「海外で安全性が問題視された後に中国人はようやく『危険だ』と気付いている状況。中国の品質基準はどうなっているんだ?」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷)