キレイに見えても菌がウヨウヨ

写真拡大

トイレ後の正しい手洗い、半数以上ができていない――。トイレに関する調査で、こんな事実が明らかになりました。8割はトイレに入った後には「必ず手を洗う」と回答しましたが、「石けんで丁寧に」という人は41.9%。半数にのぼりません。

大腸菌はトイレットペーパーを通過する

しかも20代男女では、「石けんを使って丁寧に洗う」と答えたのは男性54.1%に対し女性39.2%となり、男性の方が手が清潔だということが分かりました。

大腸菌はトイレットペーパーを通過してしまいます。たとえ30枚重ねてお尻を拭いても結果は同じだそうで、石けんで洗って、アルコール消毒をして、ペーパータオルで拭いてやっと菌がなくなると言われています。個室の取っ手や便座、水洗の洗浄レバーにも菌は付いています。「石けんで丁寧に」を習慣づけましょう。

さらに、「トイレットペーパーがなくなった時の対処法」を聞いてみると......。ここでも女性のズボラさが浮き彫りになってしまいました。

「手持ちのティッシュを使用した」が男女ともに半数以上で1位、2位は男女ともに「トイレットペーパーの芯を使用する」でしたが、ショーゲキなのは女性の3位「拭かなかった」の9.2%。男性の「拭かなかった」率=5.7%よりも多くなっています。

ちなみに、「トイレットペーパーがなくなった」はトイレでのハプニング位で55%の人が経験しています。

女性は「小」でもトイレットペーパーを使います。せめて、拭かなかったのは「小」の時だと信じたいです。

調査はクリエイティブサーベイが2016年6月上旬、20〜50代の男女600名を対象にインターネットで実施。