Doctors Me(ドクターズミー)- 困っているあなたをサポート! 「医療ソーシャルワーカー」のお仕事を教えて!

写真拡大

「医療ソーシャルワーカー」という仕事があるのをご存知でしょうか? 本人や家族が体調を崩し、入院をした場合や、その前後などに、いろんな指導やサポートを担当してくれる人です。
今回はこの医療ソーシャルワーカーについて、医師に詳しい話を聞いてみました。

医療ソーシャルワーカーとはどんな仕事ですか?どんなところで働いていますか?

病院などの医療機関で働く医療ソーシャルワーカーは、社会福祉の観点から、患者や家族の自立を支援し、社会復帰や社会生活を継続することの助けをします。

【対象】
・患者
・患者の家族

【仕事の概要】
・心理的、社会的、経済的な問題の解決や調整を手伝う
・入院、入院中、退院と退院後の通院の援助
・社会復帰を進める

【働いている場所】
・病院
・保健所
・介護老人福祉施設
・在宅介護支援センター

社会福祉全般についての知識を持っていますから、具体的な治療や看護法について以外は、何でもこなすことができます。

精神保健福祉士や産業医は、どう違うのですか?

【精神保健福祉士】
精神疾患にかかっている人、知的障害者とその家族に対して社会復帰等の助けし、保健所、精神障害者福祉施設や企業で働きます。また、最近はメンタルヘルスにも従事します。

【産業医】
主に企業で働き、従業員の心理的、肉体的な補助と衛生教育をしたり、職場環境を管理維持するといった仕事をします。

「医療ソーシャルワーカー」の活躍の場は広がっていますか?

職場におけるストレスチェックが義務化やうつ対策などで、医療ソーシャルワーカーの活躍の場は広がっていますが、企業にはいませんし、精神疾患への対策は専門外なので、現実的にはあまり広がっていないでしょう。

医療ソーシャルワーカーに相談する内容は、医師とどう違うのでしょうか?

【医師への相談内容】
医師が解決できるのは、病気についてが中心で、それ以外の社会的な問題については、難しい場合があります。

【医療ソーシャルワーカーへの相談内容】
医療ソーシャルワーカーに、病気自体のことを相談しても、直接解決することはできません。しかし、それ以外については、かなりの問題を解決したり、あるいは解決策を見つけ出してくれます。

具体的には、以下のような相談ができます。

・医療費・入院中の生活費についての、適切な社会的扶助の方法
・生活保護の申請についてのサポート
・医師や看護師等との面談の調整
・退院後に訪問介護や看護が必要な場合、介護保険・支援制度の紹介、適切な医療機関への紹介、NPO等の適切なサポート団体への連絡
・公的制度を用いた社会復帰の相談

最後に医師からアドバイス

医療ソーシャルワーカーは病院に所属していますので、原則的にはその病院にかかっている患者、あるいはその家族の相談に対応します。誰からの相談にも答えてくれるわけではありませんので、この点は注意して下さい。

また、病院は公共機関ではなく、医療法人や社会福祉法人等ですので、ある程度は営利を求めます。このために施設によっては医療ソーシャルワーカーの働きに制限がかかる可能性もあります。

このような点を補うためには、公的な病院や保健所の医療ソーシャルワーカーに相談するのがいいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)