これ出たら…要注意!「夫が離婚を考え始めたときのサイン」3つ

写真拡大

いつも一緒にいるからこそ、夫の行動は日常であり、存在は空気のようになります。

そんな夫の様子が「いつもと違う……」と感じたことはありませんか?

夫がいつもと違うのは、仕事が忙しいからかもしれませんし、疲れが溜まっているからかもしれません。でも、もしかして“離婚を考えているサイン”だったら……。

そこで今回は、心理カウンセラーのOHMA/オーマさんに“夫が離婚を考え始めたときのサイン”3つと、その際のベストな対応方法をお伺いしてきましたのでご紹介します。

 

■サイン1:急に口数が減る

なにか問題を解決しようとした際に、女性は誰かに自分の気持ちを話そうとしますが、男性はむしろ自問自答して答えを導き出そうとします。

そして、そのような状況に陥っている場合、極端に口数が減っていきます。

夫婦の会話の中において、夫の言葉が「うん」「そう」「へぇ」といったような、簡単な受け答えだけになってはいませんか?

急に口数が減り、もの思いにふけだしたら、それは離婚を考え始めているからかもしれません……。

 

■サイン2:普段好き好んでやっていたことをしなくなる

夫が普段、趣味や好きでやっていたことをしなくなる。それは、夫の中でなにか最重要課題が発生したときです。

男性は何か問題を解決しようとするときに、その一点にのみ集中をします。

男性は女性と違い、2つ以上の物事を同時進行させることができません。そのため、「まずはこの問題を片付けないと……」と、趣味や好きでやっていたことを一旦ストップさせ、目の前の問題に集中をしようとするのです。

 

■サイン3:独りの時間をつくり始める

男性はなにか悩み事を抱えたときに、なかなか周りに相談をしようとはしません。自分の弱みを知られたくないのです。ましてや“離婚”というような、世間一般からみるとネガティブな出来事である場合は尚更です。

そのような場合、男性は結論を導きだそうとして、殻に閉じこもってひとりで検討を始めてしまいます。

ひとりの時間を要求するようになったら、人知れず“離婚”というワードと対峙している可能性があります。

 

■夫が離婚を考えていると感じたときのベストな対処法

夫の様子がいつもと違うことに気付いたとき、多くの妻が不安にかられることでしょう。

しかし、そんなときに「どうしたの?」「悩みがあったら話して」など、夫の心の中を探るような発言は、かえって夫の心を離してしまいかねません。まずは夫をひとりにさせてあげる時間を与えましょう。

その間は放っておいて無視をするのではなく、普段通りに接していれば大丈夫。ひとりになれるとき間を与えてもらった夫は、妻に対してネガティブな印象はもちません。

そっとしておいた結果、落ち着く時間を与えてもらったことに対し、妻への感謝の気持ちが沸いてきます。“自分を受け入れてくれている”妻に対して、好意的な気持ちが戻ってくる可能性が高まることでしょう。

 

以上、“夫が離婚を考え始めたときのサイン”3つと、その際のベストな対応方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?

身近にいるからこそ気付ける変化であり、身近だからこそ追及しない姿勢が重要です。妻として、観察力と包容力が試されそうですね。

(ライター 沖田かへ)

 

【取材協力】

※ OHMA/オーマ・・・心理カウンセラー&コラムニスト。企業や大学を対象に専任心理カウンセラーとして活動する傍ら、執筆活動も行う。専門分野は人間関係、恋愛、キャリア、メンタルヘルス、人生論など。Twitter はこちら

 

【関連記事】

※ ムリムリ…関係修復できない!「夫婦仲を一気に壊す」魔のNGワード3つ

ダメ…絶対!夫が「夫婦ゲンカ中に言われたら離婚を考える」妻の発言5つ

仕事から帰宅後に…イラッ!夫の頭に「離婚がチラつく」妻のNG言動ベスト3

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 紫外線対策が簡単すぎる!飲む美白ケアが凄い

※ 知らないと損!キレイママはこっそり使っている「こだわりシャンプー」

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【姉妹サイト】

※ これじゃ働くのムリ!入園後「一気に忙しくなる」幼稚園の特徴6つ

※ 「家事に参加したい夫」が急増中!カジメン、イクメンに育てるコツまとめ

 

【画像】

※ stefanolunardi / Shutterstock