都会暮らしのファニチャーは、アウトドア・インドアの区別なく使いたい

写真拡大

アウトドアが大人気の昨今、道具のバリエーションが増え、使い方に新しい提案が生まれています。

たとえば、アウトドア用品を家で使ったり、家庭用品をアウトドアに持ち出したり。道具をアウトドアとインドアの区別なく使う人が増えていますよね。

確かに家の中でも外でも使えるものなら、無駄な物を増やさずに済みますから、これは合理的な考え方とも言えそう。しかも、アウトドア用品は耐久性があって、インテリア製品に比べると価格も手頃。

軽くて折り畳めるなど、機能性が高いものが主流です。

狭い家でも便利で機能性がありかっこいいアウトドアブランドのHelinoxヘリノックスのチェア_1

アウトドアブランド〈Helinox(ヘリノックス)〉の「HOME コンフォートチェア」は、そんな使い方にうってつけのアイテム。

シンプルなフォルムで、カラーバリエーションが豊富なので、さまざまなインテリアに上手に馴染んでくれます。

子ども部屋にはポップなイエロー、落ち着いたリビングにはホワイトという具合に、部屋の装飾や色使いに合わせてチェアの色を使い分けても楽しそう。

狭い家でも便利で機能性がありかっこいいアウトドアブランドのHelinoxヘリノックスのチェア_5

さてここで、ヘリノックスの紹介を。

世界の名だたるアウトドアブランドに、テントやトレッキングポール(登山中の歩行を支え、テントの支柱にもなる)を供給する合金加工のリーディング・カンパニー「DAC社」。同社がその高い技術力や洗練されたデザイン力を生かして2009年に立ち上げたのが、ヘリノックスです。

現在はアウトドアファーニチャーの世界的ブランドとして人気を集めています。

狭い家でも便利で機能性がありかっこいいアウトドアブランドのHelinoxヘリノックスのチェア_4
狭い家でも便利で機能性がありかっこいいアウトドアブランドのHelinoxヘリノックスのチェア_2

アウトドア製品ならではの、コンパクトに収納できる点も見逃せません。

日本では小さな物件に住んでいる人が多いので、この収納性の高さは重宝すること間違いなし。

さらに、軽いので移動も簡単な上、華奢に見えて耐荷重はなんと145kgというから、実力も折り紙付きです。

普段は室内で使って、夏の夕涼みにベランダや庭でビールを1杯。はたまた、ふいな来客用にも。

もちろん、キャンプやBBQへ行くときは、折り畳んで専用バッグに収納してクルマのトランクへ。この汎用性の高さはアウトドアギアだからこそ。

アウトドア、インドアの区別なく使えるファニチャー。これがルーミー世代の新しい価値観と言えそうです。

[Helinox]
Helinox(ヘリノックス) HOME コンフォートチェア[Amazon]