写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤマハ発動機は12日、水冷・4ストローク・FIの高性能エンジンをアルミフレームに搭載したオン・オフロードモデル「WR250R」のグラフィックを変更し、9月12日に発売すると発表した。

今回は、「WR250R」の「ディープパープリッシュブルーソリッドE」(ブルー)に、2017年「YZシリーズ」と同じく「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れ、レーシーなイメージを演出した。また、ビッグロゴグラフィックで存在感を印象づける「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)は継続設定となる。

スーパーモタードの走りが楽しめる「WR250X」では、「ヤマハブラック」(ブラック)と「パープリッシュホワイトソリッド1」(ホワイト)を継続設定とした。価格は「WR250R」が72万1,440円、「WR250X」が75万3,840円(ともに税込)。

(木下健児)