こちらでもご紹介したように、プジョー、シトロエン、DS AUTOMOBILESの3ブランドを擁するグループPSA。7月12日、3ブランド同時に日本にクリーンディーゼル搭載車を発表、発売を開始しました。

1

「DS」ブランドには、4月1日にマイナーチェンジを受けたばかりの4ドアクーペの「DS 4」、マイチェンと同時に加わった「DS 4 CROSSBACK」にクリーンディーゼルの「Blue HDi」が追加されています。

「DS 4」と「DS4 CROSSBACK」に搭載されるのは、2.0Lの直噴4気筒DOHCで、180ps/400Nmというアウトプットを得ています。

なお、「Blue HDi」のBlueは、環境性能の高さを示しているのはもちろん、尿素還元式の「AdBlue」の採用によるものから命名されたものと思われます。「HDi」は、「High Pressure Direct Injection(高圧直接噴射)」の略だそう。

さて、ディーゼルエンジンの利点は、軽油と低燃費によるランニングコストだけでなく、トルクフルな走りも上げられますが、「DS 4」と「DS 4 CROSSBACK」に搭載される2.0Lエンジンは、ガソリンエンジン車と比べてパワーは9%アップし、トルクは67%増と大幅に向上しています。

トランスミッションは、PSAが「EAT 6」と呼ぶアイシンAW製の6ATで、ギヤレシオをガソリンよりもさらにハイギヤード化することにより、同一速度域でのエンジン回転を下げ、新開発のクラッチによってロックアップ領域を拡大し、トルクコンバーターのスリップロスを低減。さらに、ミッション全体のフリクションロスもさらに低減され、マニュアルトランスミッションとほぼ同等のエネルギー伝達効率を追求することによって、スムーズで省燃費、静粛性も高められているのも注目。

なお、今回発売されたシトロエンのディーゼルエンジン車のJC08モード燃費は、現在申請中のため発表時点で未定となっています。

価格は「NEW DS 4 Chic BlueHDi DS LED Vision Package」が349万円、「NEW DS 4 CROSSBACK BlueHDi」が361万円。なお、ガソリンモデルも引き続き販売されるほか、「DS5 BlueHDi」も設定される予定で、2017年1月の導入が予定されています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■プジョーがクリーンディーゼル3モデルを日本で発売開始! 価格は300万円以下から!!

http://clicccar.com/2016/07/12/385582/

DS AUTOMOBILES「DS 4」、SUVの「DS 4 CROSSBACK」に2.0Lの直噴ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載(http://clicccar.com/2016/07/12/385605/)