第一銀行提供

写真拡大

(台北 12日 中央社)大手銀行「第一銀行」の現金自動預け払い機(ATM)34台から、7000万台湾元(約2億2400万円)以上の現金が不正に引き出されていたことが分かった。同行が12日、明らかにした。

狙われたのは台北と台中の支店に設置されていたATMで、犯行は9日と10日に集中していた。監視カメラの映像によると、犯人らはATMを一切操作せずに、5〜10分の間に現金を引き出していた。

業界関係者は、ATMには警報などのシステムが設置されており、協力者がいなければハッキングできる確率はかなり低いと強調。銀行内部に共犯者がいた可能性を指摘したが、第一銀行側は否定している。

ロシア人とみられる外国人を含む3人の関与が判明しているが、うち1人は11日に台湾を離れている。警察は容疑者の行方を追うとともに、国際的な犯罪組織の関与の有無などについて捜査を進めるとしている。

(朱則イ、田裕斌/編集:杉野浩司)