11日、北朝鮮軍は米韓両政府が高高度防衛ミサイルの韓国への配備を決めたことについて、「物理的な措置」を取ると述べた。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年7月11日、ロイター通信によると、北朝鮮軍は同日、米韓両政府が高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国への配備を決めたことについて、「物理的な措置」を取ると述べた。

米韓両政府は8日、韓国にTHAADを配備することを決めた。朝鮮中央通信によると、北朝鮮軍は11日、声明を発表し、「THAADが配備される場所が確認され次第すぐに、物理的な措置を取る」と述べた。ある韓国国防部の当局者は、THAADは「数週間以内に」配備される見通しであると述べている。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「北朝鮮は自国民に向けて話している。ほかは誰も聞いていないよ」

「物理的な措置って何だ?もっと具体的に言ってくれないか?」

「犬がまたほえている」

「あの小太りの若者が『物理的な措置』と取ると威嚇しているだって?どうぞ」

「古ぼけて崩壊した北朝鮮軍は、韓国軍に徹底的にやられるだろう」

「北朝鮮はハエさえも殺せないよ!」

「自分たちはミサイルを発射し続けているのだから、防衛ミサイルが配備されることを予測すべきだった。挑発的な状況を作るのはやめるべきだ」(翻訳・編集/蘆田)