中国では日本に対して反感を抱く人が存在する一方で、日本を旅行で訪れる中国人も増えている。日本に対する感情が非常に複雑で、中国人の対日感情が画一的ではないことを示す事例と言える。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国では日本について「激しい怒りを持つ人もいれば、すばらしい国だと称賛する人もいる」と伝えつつ、「中国人はなぜ日本を嫌いだと言いながらも、一度日本を訪れるとまた訪日したいと思ってしまうのか」と疑問を投げかけた。

 記事は、日本と中国の間にある歴史問題について「永遠に拭い去ることはできない」としながらも、それと日本旅行は無関係との見方を示し、「一度でも訪れると、また訪れたくなるのが日本」だと紹介。実際、1年間に何度も訪日する中国人は多いとしたうえで、その理由は「日本は中国から近いうえに、日本国内で販売されている商品は質の保証があるえに中国国内より安いため」と主張した。

 また、日本には四季があり、春は桜、夏は浴衣を着て花火大会、秋は紅葉、冬は雪といった具合に1年を通じて楽しめること、寿司やラーメンをはじめ、美食が多いことも日本の魅力だと紹介。特に日本の食べ物は非常に美味しいため、多くの中国人にとって「日本の美食が再来日の動機」となっているとの見方を示した。

 中国のネット上では確かに日本に対して嫌悪感を示す人が少なからず存在するのは事実だが、その一方で日本を訪れたことのある中国人が「また訪日したい」と、日本を高く評価しているのも事実だ。実際、中国のネット上では「日本を批判する中国人は日本を訪れたことのない人」という声を見かけることも多い。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)