「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」のポスタービジュアルが解禁された/(C)2017 ひるね姫製作委員会

写真拡大

「東のエデン」などで知られる神山健治監督が描く、父と娘の感動アニメーション映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」の公開が、'17年3月に決定。そして劇場用ティザーポスタービジュアルが解禁された。これは7月16日(土)より全国の劇場にて掲出される予定となる。

【写真を見る】“朝ドラ”も好評の高畑充希がアニメ映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」の主人公に!/(C)2017 ひるね姫製作委員会

また、本作制作を手掛けるシグナル・エムディのLINE公式アカウントを開設。LINE公式アカウントでは、本作の制作日誌やプレミアコンテンツを配信されるという。

「何でこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」。解禁されたポスターでは、犬の縫いぐるみを抱きかかえ、ロボット・ハーツの腕の中で気持ち良さそうに眠る女子高校生・森川ココネの姿が描かれている。

物語は、2020年東京オリンピックを3日後に控えた夏の日、ココネの家族に事件が起きる。ココネが知らない両親の秘密、その謎を解く鍵は彼女が眠るたびにみる妙にリアルでとても温かい、不思議な夢の中にあった…。

主人公ココネの声を担当するのは、既報の通り連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)のヒロインを務めるほか、数多くのドラマ・映画で注目を集める女優の高畑充希。

自身初のアニメーション映画への参加で、高畑は劇中で岡山弁を披露する。「ことしだけで3つ目の方言の役です(笑)。方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と意気込み、10月にアフレコ収録をする予定だ。老若男女に愛される新しい女子高校生ヒロインを演じる。

そして本作を手掛ける神山監督は、緻密に練られたストーリーとリアリティーあふれる本格的SF描写を得意とする人物。「自分の娘に見せたい映画を作りたい」と、完全オリジナル書き下ろしのファンタジーという新境地に挑む。

なお、ココネを抱きかかえ、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」のデザイン原案は「ベイマックス」のコヤマシゲトが担当する。