ハンマー投げの練習中に起きた悲劇! 勢いよく放り投げられたハンマーが飛んで行ったその先は…衝撃動画をご覧あれ

写真拡大

ニュージーランドの女子砲丸投げ選手バレリー・アダムス(Valerie Adams)さんは、8月5日から開催される「リオデジャネイロオリンピック」に出場予定の選手。過去には3大会において、金メダルを獲得した実力の持ち主です。

そんなアダムスさんがインスタグラムへ投稿した1本の動画が、現在注目を集めている模様。

【ソコはダメえええええ!!】

別の選手がハンマー投げの練習をしているところを撮影していた、アダムスさん。選手が放り投げたハンマーが勢いよく直撃したのは、なんとすぐそばにいた計測員男性の大切なトコロ……! ひいい、これは痛そうううう!!

【この距離、この力……相当痛いぞ】

選手と計測員との距離は、非常に近距離。また力強く投げられているため、ハンマーが計測員に与えたダメージは、おそらく計り知れないのではないかと。

直撃した瞬間に思わず目をそらしてしまったのでしょう、アダムスさんのカメラも彼女の視線と一緒に下を向く、といった展開に。映像はここで終了していますが、計測員の方が大事に至らなかったことを、願わずにはいられませんっ。

【みんなも気をつけるように!】

選手としてももちろん、わざとやったわけではないでしょうが、これはさすがに可哀そうすぎる!

記者(私)は女性なので痛みがどれほどのものなのか、本当には分からないけれど、相当な衝撃を受けたであろうことだけは想像できます。

「注意喚起」という意味を込めて投稿されたなんとも痛々しい動画は、一見の価値あり。陸上競技をする際にこのような事故が決して起こらないよう、十分気をつけるようにしてくださいね!

参照元:Inatagram @valerieadams84
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る