11日、中国網によると、南京市の地下鉄で子どもを抱いた50〜60歳ぐらいの男性が、座席に座って居眠りしていた女性をののしるという事件が起きた。写真は南京地下鉄。

写真拡大

2016年7月11日、中国網によると、南京市の地下鉄で子どもを抱いた50〜60歳ぐらいの男性が、座席に座って居眠りしていた女性をののしるという事件が起きた。

中国ではこれまでにも、高齢者が席を譲ってもらえなかったことを理由に若者をののしったり、暴力を振るったりする事件がたびたび起きている。9日、孫と見られる子どもを抱いて地下鉄に乗車してきた男性は、席が空いておらず、誰も自分に席を譲る人物がいなかったことから、近くの席で居眠りをしていた女性を「素養がない!」などとののしり、さらには女性に対して手を挙げた。女性は席を譲ったものの、双方の口論は続いたという。

この事件について、中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。

「こういう人は、電車に乗った途端に席に座ってる若者に狙いを定めるからな」
「そんなに元気なら、席を譲ってもらう必要ないだろう!」
「若者は席に座るなってことなのかね?疲れている時もあるんだけど」

「みんなが譲らなかったのに、なんでその子だけののしるんだよ!」
「譲るのは好意であって、譲らないのが普通なのに」
「こういうじいさんやばあさんは、通勤ラッシュの時間帯にわざわざ出てきて、若者から席を強奪していく」

「こういう年寄りには絶対に席を譲らない!」
「地下鉄で立っていたら目の前の席が空いた。あと2駅で降りるから座ろうとは思っていなかったけど、あるおばあさんが猛烈な勢いで私を突き飛ばして席に座った。もう少しで倒れるところだったわ」
「最近、一部の老人は席を譲ってあげても『ありがとう』の一言もない。譲ってもらうのが当たり前だと思っているみたい。でも、やっぱり礼儀正しい人の方が多いけどね」(翻訳・編集/北田)