ファインディング・ドリー ©2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

2016年7月16日土曜日にいよいよ『ファインディング・ニモ』の続編、『ファインディングドリー』が公開されます。

【動画】クラッシュやベビー・ドリーも♪ 『ファインディング・ドリー』動画を見る

先日、ウレぴあ総研ディズニー特集では、独占試写会をウォルト・ディズニー・ジャパン本社にて行いました。

試写会で好評だった点を踏まえて、映画館で配布されているパンフレット以上のネタバレはなしで、『ファインディング・ドリー』の見所を紹介します!

前作よりもさらに映像が美しく、リアルに!

『ファインディング・ニモ』と比較して、『ファインディング・ドリー』は分かりやすいほどに映像が美しくなりました。

海中の珊瑚はより鮮やかに描かれ、リアリティは増しつつもとても美しい海中の描写になっています。

さらに、海上にマーリン達が顔を出したときの、水の波紋が太陽の光を反射してキラキラした様子がとてもリアルに。

また、顔を出しているマーリン達の体も魚特有の艶やかさが描かれています。

そして、今回の作品では人間の世界の海洋生物研究所が出てきますが、とてもとても美しい水槽の様子。

挙げるときりがないのですが、写真と見間違うほどとてもリアルな映像で、海の美しさを伝えるような色鮮やかさになっています。

試写会でも「海の描写を始めとする映像の美しさ」には賛美の声が上がっていました。

また、「マーリンを始めキャラクター達の細かな表情が前作よりもさらに親しみを感じる」という声もありました。

『ファインデング・ニモ』に登場したキャラクターやシーンが起用されている

『ファインディング・ドリー』は必ず、『ファインディング・ニモ』を見返してから鑑賞をオススメします。

なぜなら、『ファインディング・ニモ』のシーンや、『ファインディング・ニモ』とのつながりを連想させるシーンが多数含まれているからです。

特に『ファインディング・ニモ』のデジャヴを思わせる演出には、観ている我々も登場キャラクターと同じ心情に引き込まれる大きな要因であると考えます。

また、『ファインディング・ニモ』に登場したキャラクターも登場します!

東京ディズニーシーの人気アトラクション、タートル・トークに登場するクラッシュも登場します。

ピクサー映画の特徴として、サブキャラクター含め、個性豊かなキャラクターが本当に多いです。

『ファインディング・ドリー』でも個性豊かなキャラクターがとても多く、「個性豊かなキャラクターが多いこと」が作品を好きな理由であるという声も多くありました。

『ファインディング・ニモ』に出てきていたクラッシュ以外のサブキャラクター達、他には誰が出てくるかという点も是非注目してみてください。

『ファインディング・ドリー』で登場するキャラクターで1番人気は?

『ファインディング・ドリー』では新しいキャラクターがたくさん登場します!

試写会では好きなキャラクターをアンケートで伺いましたので、アンケートの投票結果を紹介します。

第3位は同率で2キャラクターがいます!

人気キャラクター第3位はニモとディスティニー!

大海原から《人間の世界》を駆け巡った大冒険から一年、故郷グレートバリアリーフの美しいサンゴ礁で父マーリンと暮らしながら、エイ先生の学校に通う元気な男の子、ニモ。

“幸運のヒレ”と呼ばれる小さなヒレがチャームポイントで、身体は小さくても冒険心&好奇心いっぱい。

ドリーのことが大好きで、彼女の家族を探す旅に出るために、心配性の父を説得するような優しい一面も。

投票理由も、そんなニモの「純粋で真っ直ぐなところ」が人気のポイントでした。

また、まだまだ幼いニモの「かわいらしさ」も人気のようです。

海洋生物研究所の水族館プールに暮らす、ジンベエザメの女の子、ディスティニー。

あわてんぼうで視力が弱く泳ぐのが苦手なため、その大きな身体をあちこちにぶつけてしまう。

世界最大のサメの仲間だが、友だち思いの優しい性格。

「お茶目でかわいい」一面を見せる一方で、とても「肝が据わっているところ」が人気の理由でした。

また、「とてもドリー想い」なところも人気のポイントであるようです。

人気キャラクター第2位は今作の主人公ドリー!

ドリーはどんなときも明るく前向きな性格だけど、ちょっと前に話した内容を忘れてしまうほど、極度の忘れんぼう。

親友のニモやマーリンといっしょに家族のように暮らしている。

あることがきっかけで、たったひとつ忘れなかった“家族の思い出”がよみがえり、子供時代に隠された驚くべき秘密が明かされることに…。

まず、今回既に公開されているベビー・ドリーの映像は皆さんご覧でしょうか?

とても愛くるしい可愛さで、この「ベビー・ドリーの可愛さ」もドリーの投票理由としてあげている人が多かったです。

そしてなんといってもドリーは「失敗を恐れずに前向き」で、果敢に「挑戦する勇気と行動力」を持っています。

そんなドリーの姿に胸打たれる人が続出で、投票数が3位以下を引き離して2位となっていました。

また、『ファインディング・ニモ』の時にはドリーの魅力に気づけなかったけれど、今回映画をみてドリーの魅力に気づきましたという声もありました。

私自身もそのうちの1人で、ドリーから学ぶ点もとても多いと思いました。

人気キャラクター第1位は意外にもハンク!

《人間の世界》に迷い込んだドリーが海洋生物研究所で最初に出会った、七本足のミステリアスなタコ、ハンク。

カメレオンのように身体の色をカモフラージュさせるて何でも自由に姿を変えることができ、人間に見つからないように水槽から脱出する達人。

敵なのか見方なのか分からない、見た目的には少し怖さも感じるところがあります。

余りにもカモフラージュが素晴らしいため、見ている側も探す楽しさを覚えます。

少し人間らしさを彼に感じるところもあり、「彼自身への共感」や、「世話焼きな内面のところ」が人気の理由でした。

まさにイケメンならぬ、「イケタコです。」という声もあるくらい、見せ場が多いハンクであり、是非映画では注目していただきたい「キーパーソン」です。


『ファインディング・ドリー』の見所を紹介してきましたが、最後に改めて述べたいのは、「ぜひ、『ファインディング・ニモ』を見返してから観てみてください! 」です。

映像がデジャヴのようになっていたり、言葉の端々で前作を絡めてきたりしますので、『ファインディング・ニモ』を観ていると面白さも感動も倍増します。

感動と笑いのバランスが絶妙な『ファインディング・ドリー』。

映像美を体験するためにも、是非映画館でお楽しみください。

『ファインディング・ドリー』

『ファインディング・ニモ』の奇跡の冒険から1年。カクレクマノミのニモの親友で、何でもすぐに忘れてしまう、忘れんぼうのドリーがただひとつ忘れなかったのは《家族の思い出》。

「今度は僕がドリーを助けてあげる」──ニモと父マーリン、そしてカメのクラッシュや個性豊かな新しい仲間たちも加わり、ドリーの家族を探す感動の冒険が始まる。

その秘密を解く鍵は、海の生き物にとっての禁断の場所=《人間の世界》に隠されていた…。

2016年7月16日(土)全国ロードショー