三菱の燃費不正問題、スズキの走行抵抗値の不正な取り扱い問題などにより、改めてJC08モード燃費と実燃費の乖離がクローズアップされています。

1

愛車の実燃費を計測している人も多いでしょうし、購入前にカタログ燃費だけでなく、実燃費が分かるウェブサイトでチェックしている人もいるでしょう。

そんなサイト、アプリの代表例といえるのが「e燃費」で、2016年7月11日、最新バージョンの「e燃費Ver.4.0」がリリースされました。

2016年7月現在、65万人という登録会員を抱え、ユーザーの投稿データを元にした実燃費参考値は、カタログ燃費と比較し、達成率を提示することで、ユーザー に対して自動車購入の参考として役立てられているほか、ガソリン価格のチェックとして使っている方も多いそうです。

今回リリースされたアプリのバージョンアップでは、人工知能技術(Ai技術)を活用した「ドライブログ機能」(=運転自動記録機能)が新たに追加され、精度の高い移動情報の取得が可能。

また、使いやすくわかりやすいデザインを追求し、UIも一新されています。さらに、アプリによるスマートフォンのバッテリー消費も抑えられたことにより、「賢い機能」、「優美なデザイン」、「エコノミー(節約)×エコロジー(環境)」を兼ね備えたサービスに進化しています。

新たに加わった「ドライブログ機能」は、トリップ(移動開始から終了まで)ごとの移動手段(自動車、徒歩、バス、電車など)を自動判別してルートや時間、距離や速度を自動記録。

なお、アプリインストール後の初期段階では、ユーザーによる手動での「乗り物スタンプ(マイカー、電車、徒歩、などの移動手段を示すスタンプ)」の入力が必要。「乗り物スタンプ」を手動入力すればするほど、AI技術のディープラーニングなどにより、移動手段を自動判別できるように学習します。

タイムラインからお出かけの記録を振り返り、ドライブ旅行のルートや思い出の記録、燃費が良くなる走行ルートの発見や、移動手段の見直しなどに活用することが可能になっています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

■e燃費アプリ Ver.4.0 ダウンロードURL
http://e-nenpi.com/info/lp/

■対応OS:iOS:8.0以上 (本日より配信開始)、Android:4.0.4以上(2016年8月上旬配信開始予定です。旧Versionはダウンロード可能)

■e燃費 Webメディア
http://e-nenpi.com/

カタログ燃費の不正も問題なし!? 人工知能(AI)を活用した実燃費アプリの最新バージョン「e燃費Ver.4.0」登場(http://clicccar.com/2016/07/12/385526/)