嫌われる「有給休暇の取りかた」6選

写真拡大

労働者にとっては当然の権利なはずの「有給休暇」。でも現実は、なかなか自分の好きなときに取れないのが現状ですね。働く男女に、これまで有給休暇の取り方で、非常識だと思った理由や迷惑をかけれたエピソードについて聞いてみました。

■●●のために有給消化

・「アイドルのコンサートに行くからといって有給休暇を取る」(36歳男性/情報・IT/技術職)

・「ディズニーのパレードをどうしても平日に見に行きたいと有給を取って驚いた」( 32歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「配属早々の新入社員が、「バーゲンに行くので休みます」と言ってきたとき。せめて秘密にするか仕事を覚えてからにしてほしい」( 36歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

何に使おうが個人の自由といわれれば、その通りですが、誰かが仕事のフォローをしなくてはいけなくなることもあります。理由が個人の趣味の場合は、ごく仲のいい人にだけ真実を話して、あとはうまくごまかしたほうがいいかもしれませんね。

■体調不良?

・「ほかの人がまったく取れていないにも関わらず、急に体調を崩したなど言い訳して休む。次の日体調が悪かったことなど忘れてはしゃいでいること」(31歳男性/医療・福祉/専門職)

・「親睦会の次の日に、二日酔いで休んでいる人」(29歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「歯が痛くて休みますと言った、他部署の先輩がいた。あきれてしまった」(31歳女性/金融・証券/専門職)

二日酔いや歯が痛いといった理由は、体調不良は体調不良でも周囲が「休むほどのこと?」と眉をひそめるようです。また二日酔いは病気ではなく飲みすぎからくるので周りの反応も冷ややかなよう。

■責任感の無さから……

・「修学旅行に有給とか。担任なのに」(36歳男性/学校・教育関連/その他)

・「職場での旅行や飲み会に行きたくないからと言って、その日に有給をとっていた」( 33歳男性/学校・教育関連/ 専門職)

・「やる気が起きないからといって、すぐに有給を使用してしまう」(33歳女性/情報・IT/事務系専門職)

・「新人が仕事始めに有休を使っていたこと」(22歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

人それぞれの考え方があるにしても、社会人としての責任がないですね。自分勝手すぎると、職場で孤立してしまうかも。

■期間が長い

・「大型連休で休んだ後にあと連休で休んでいた後輩がいた」(29歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「夏休み5日プラス土日4日ぶっ通しで休んだ人」(32歳女性/ 団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

旅行会社などのTVのCMでも、今年は◯日を休めば10連休というようなことを聞きますね。とはいえ本当に長期休暇をとると、周りから顰蹙をかうようです。

■バットタイミング

・「繁忙期でも平気で休みを取っていた」(37歳男性/小売店/販売職・サービス系)

・「みんなが忙しい時に、まとまった有給を遠慮なくとる人」(36歳女性/その他/事務系専門職)

・「年末年始前に連休取ると忙しい時期なのでかなり迷惑」(37歳女性/医療・福祉/その他)

家庭の事情など、どうしても休みをとりたい時を除いて、繁忙期に休むのは、確実に同じ職場の仲間に迷惑をかけるので非常識と言われても仕方ないですね。

・「辞める前に1カ月休んだ。ありえへん」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「よくあることらしいが、辞める時に有給休暇をすべて消化して辞めていくのは勘弁してほしい。しわ寄せがまわりの社員たちに来てしまって大変」(32歳男性/学校・教育関連/専門職)

最近は転職休暇とも言われているようです。立つ鳥跡を汚さずともいいますし、その後どこで誰に会うかわかりません。あまりに長期間に渡って有給を使うのは考えものです。

■突然、休む

・「プロジェクトの進行締め切り日に、引き継ぎ無しで突然休んだ。ほかのメンバーに伝えていなかった」(37歳男性/機械・精密機器/営業職)

・「前日に『旅行にいくから休む』と申請を出した先輩がいる。 突然すぎて、いない期間の仕事カバーをするのが大変だった」( 33歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

一緒に仕事をしている仲間に迷惑がかかるとわかっていて、休みをとるのは理由にもよりますが、その後の人間関係にヒビが入るかもしれません。小さなヒビでも少しづつ広がっていくと取り返しがつかなくなるので、注意したいですね。

・「関西出張のとき、実家が関西の同僚がそのまま翌日から有給休暇を取得し、帰省してしまったこと。行きの旅費は会社の経費なのと、出張2日目からいなくなったことと二重に驚いた」(32歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

知能犯というべきか、単に変わった人だったのでしょうか?その後が気になります。

・「当日にLINEで『今日、有休でもいいですか』と聞いてきた」(28歳女性/ソフトウェア/技術職)

・「寝坊したので1日全部休むという人」(26歳女性/電機/秘書・アシスタント職)

まさに非常識の典型ですね。学生気分が抜けないのでしょうか? もし友人だったらアドバイスしてあげましょう。

■まとめ

有給休暇は取る権利がある休暇です。しかし、自分の抱えている仕事や、まわりの状況をよく考えてから使わないと、まわりの人に迷惑をかけたり、自分の評価を下げる事態になってしまいまます。一緒に働く人のことも考えて、あまり非常識な休暇はとらないようにしたいですね。

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月22日〜6月24日
調査人数:172人(22歳〜39歳の男女)
※画像はイメージです

(フォルサ/岩崎弘美)