祝30周年、スタジオジブリグッズがすごいことになっている!

写真拡大

 7月7日に販売開始された「ジブリ限定フレーム切手セット」が続々売り切れになっている。同日スタートのスタジオジブリ「ジブリの大博覧会」開催記念として日本郵便が制作し、郵便局とネットショップで売り出されたものだ。

「絵柄はジブリ長編劇場アニメ映画22作品のポスター。フレーム切手(82円切手シールタイプ20枚)1シートと82円切手シールタイプ2枚が台紙にセットされて2900円(税込)。郵便局で販売する前の深夜からネットショップで売り出されたとたん、アクセスが集中。繋がりにくい状態が続き、やっと繋がったら在庫切れでした。1万5000セットの限定販売とあおったのが効いたみたいです」(アニメ雑誌ライター)

 郵便局では全国185局限定販売となった。そのため、郵便局のはしごをしても売っている局にたどり着けず涙を飲んだ人も。

 そんな買い損ねた人に朗報がある。それは9月11日まで開催中の「ジブリの大博覧会」(六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー)のオフィシャルショップだ。ここではジブリ映画のオリジナルグッズが買え、「切手セット」も販売されている。復刻版の「となりのトトロ」のぬいぐるみや、初お目見えの「風の谷のナウシカ」の蛇螻蛄(ヘビケラ)のフィギュアもある。

「初日は平日だったため、30分以内に入場することができました。ですが、ジブリ人気は高い。何度テレビで映画が放送されても、その都度高視聴率を取り、新たなファンを獲得している。展望台からの眺めは最高だし、夜10時までオープンしているため、デートにはうってつけ。レストランではよそで食べられないオリジナルメニューも堪能できる。香取慎吾や土田晃之らジブリファンも駆けつけるそうですよ」(スポーツ紙記者)

 歴代作品のポスターが入り口でお出迎え。世界に1つしかない「ナウシカ」のポスターを見たり、猫バスに乗って記念撮影したり、映画以上の興奮が味わえる。(塩勢知央)