日本ほど自動販売機が普及している国はないかもしれない。日本にやって来る中国人観光客の多くも、その数の多さ、種類の豊富さに驚くようだ。しかし、中国でも自動販売機は増加の兆しを見せている。河南省の企業は、日本ではあまり聞かないオレンジをその場で絞るフレッシュジュースの自動販売機を開発し、各地で出店攻勢を仕掛けているという。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本ほど自動販売機が普及している国はないかもしれない。日本にやって来る中国人観光客の多くも、その数の多さ、種類の豊富さに驚くようだ。しかし、中国でも自動販売機は増加の兆しを見せている。河南省の企業は、オレンジをその場で絞るフレッシュジュースの自動販売機を開発し、出店攻勢を仕掛けているという。日本人にとっても「新鮮」な販売機だ。

 中国メディア・今日頭条は8日「知らないかもしれないが、日本人が自動販売機を使って中国に攻め込もうとしている」とする記事を掲載した。記事は、家賃や人件費などの上昇で実体店舗のコストが高まるなか、日本からやってきた自動販売機が「侵入」のチャンスを得ていると説明。中国国内の大通りから小さな路地まで、自動販売機が増えつつあると紹介した。

 そのうえで、中国で自動販売機を売り込むメリットについて、費用的な問題のみならず市場が非常に大きい点もあると解説。商業施設や事務所、学校、駅など人が密集する地域に設置すれば大きな効果が得られるほか、販売機で売れる商品も単なる飲み物だけに留まらないとした。その例として、その場で豆を挽いてドリップしてくれるコーヒーの自動販売機、スナック食品やおもちゃ、さらには自動でラーメンを作ってくれる販売機などを紹介している。

 日本自動販売機工業会によると、昨年末現在の日本国内における自動販売機設置台数は373万9200台。そのうち飲料の販売機が254万8700台と、約7割を占めている。上海市で2014年より毎年行われている上海国際商業空間智能科技展(iFAIR)が15年10月に発表した資料では、中国の自動販売機数は約2万台となっており、「20人のうち使ったことがある人は2人。15人は『使ってみたいが販売機がない』、3人は『そもそも知らない』と答えた」という調査結果も併せて紹介されていた。

 人口は日本の10倍以上なのに、自動販売機の設置数は150分の1以下。記事が指摘するように、中国における自動販売機市場は確かに巨大な潜在力を秘めていると言えるだろう。そして、インターネット技術の応用が比較的急速に進むなかで、中国の自動販売機ビジネスは、日本とは違った方向へ発展する可能性も持っている。今後中国でどのような販売機が出てくるか、楽しみだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)