単なる資産家ではなく篤志家としての顔も

写真拡大

 ソフトバンクの孫正義・社長(58)の後継者と目されたニケシュ・アローラ・副社長(48)が、6月21日の同社グループ株主総会前夜に突如退任を発表。このアローラ氏は、巨額な「報酬」でも注目されてきた経営者だ。

 東京商工リサーチが6月末に発表した最新の「役員報酬ランキング」によると、1億円以上の役員報酬を受け取った役員は過去最多の414人。そのなかでアローラ氏の役員報酬は、過去最高額となる64億7800万円で2位以下を大きく離すトップだった。

 ほかにも「役員報酬ランキング」の上位には日産自動車社長のカルロス・ゴーン氏(62)の10億7100万円、武田薬品工業社長のクリストフ・ウェバー氏(49)の9億500万円などの外国人経営者がズラリと並んだことが話題となった。

 トヨタ自動車初の外国人副社長であるディディエ・ルロワ氏(58)の報酬は6億9600万円で「ボス」である豊田章男・社長(60)の倍近い金額だ。

 日本人で目を引くのはソニーの平井一夫・社長兼CEO(55)の7億9400万円だ。だが、こうした高額「報酬」ばかりに目を奪われると実態を見誤る。経営者の収入は「報酬以外の部分」が大きいからだ。東京商工リサーチ情報本部の坂田芳博氏がいう。
 
「役員報酬だけで計算するのでなく、彼らの所有する自社株の『配当額』まで加味すると年収ランキングの順位は大きく入れ替わります」
 
 本誌は企業トップの実態を知るべく東京商工リサーチの協力を得て、役員報酬1億円以上の社長、会長、代表取締役を対象に調査。2015年度(2015年4月期〜2016年3月期決算)の有価証券報告書の公開データ(7月1日時点)を基に「役員報酬+株主配当」の額を算出し、ランキングを作成した。その数字こそ、日本の企業トップの「本当の年収」なのだ。

 100億円近い年収で堂々のトップに輝いたのは、ソフトバンクの孫正義・社長だ。役員報酬は1億3000万円だが、配当額を加えた年収は95億4500万円。高額報酬で注目されたアローラ氏を大幅に上回る金額となる。

 2位はファーストリテイリングの柳井正・会長兼社長(67)で82億8500万円。そのうち80億円以上が株主配当による収入だ。日本を代表する創業経営者である孫・柳井両氏は都心に大豪邸を構える。

「東京・麻布の高級住宅街にある孫氏の自宅は敷地900坪で100人収容できるといわれるサンルームが自慢。東京・渋谷区の閑静な住宅街にある柳井氏の“100億円豪邸”は4メートルの外壁に囲まれ、ヨーロッパのお屋敷のよう。スポーツ好きの柳井氏らしく、敷地内にはグリーンとバンカーを備えたゴルフ練習場とテニスコートがあります」(全国紙経済部記者)

 2人は単なる資産家ではなく、篤志家としての顔を持つ。

「孫氏は東日本大震災の後、私財から100億円の寄付を発表し、自らが引退するまでの役員報酬も全額寄付すると明かしました。

 柳井氏も東日本大震災では個人として10億円の義援金を送ったほか、教育支援にも力を入れ、母校・早稲田大学の国際寮建設に3億円をポンと出した」(同前)

※週刊ポスト2016年7月22・29日号