出典:shutterstock

2016年も早いもので中盤を過ぎ、下半期に突入となりましたね。皆さんもきっと上半期に別れを告げ、心新たに下半期を迎えようとしていることと思います。

2016年下半期に運を掴んで、ハッピーになるためにはどうすれば良いのでしょう!? そこで今回は下半期がどんな運勢になるのか、その開運法を全体運と恋愛運で12星座別に詳しくご紹介。

それでは、蟹座の皆さん(6/22〜7/22生まれ)の運勢を解説します。

 

■2016年上半期の運勢の流れ

2016年の上半期は蟹座にとって、自分の居場所が見つかる幸せな時期。恋愛、結婚、家庭など、人間関係がいい方向へ進んでいったはず。でも3月半ばから周囲に甘えすぎたツケが回ってきた人もいるのでは。

2016年下半期は、それを片づけるために奔走しなければならない時期。スムーズにいかず、イライラすることも多いかもしれませんが、状況ごとに臨機応変に対応することが大切です。10月からは、もともとの自分のテリトリー内で強さを発揮する時期。そのテリトリーの中が自分のホームなら、そこから出てがんばらなければならない機会がありそうです。

 

■2016年下半期の開運法

2016年下半期は何かをなし遂げてホームに帰ったときに、戻るところが在るありがたさを実感するでしょう。あなたにとって一番の開運のカギは人づき合い。それもみんなと仲よくするように心がけるより、本当に自分にとって大事な、ひとりかふたりの親友を大切にするようにして。その人は何があっても、自分を助けてくれる存在になるはず。

また8月はよくない人間関係にもハマりやすい時期なので、人づき合いは相当しぼりこむように気をつけて。

 

■2016年下半期の恋模様

2016年下半期は、かなり強気な異性に引っぱられそう。本当はそんなに好きじゃないのに、「そこまで私のことが好きなら」と思ってつき合ってしまうと、相手にあきられて、あっという間に捨てられてしまう可能性も。そうならないためには、相手の勢いに翻弄されないように注意して。

自分勝手な相手に振り回されないためには、結婚して、その人と家庭を築けるかどうか想像してみるといいでしょう。年末に向けて真実の愛がやってくるはず。

 

■2016年下半期、恋で勝つためには!

2016年下半期には、地味だけど心のやさしい異性があなたの前に出現しそう。でも夢見がちなあなたは、地味な男性に興味を引かれません。それでは、せっかく幸せな家庭を築けそうな相手が現れても見過ごしてしまう可能性が。本当に大事な人はすぐそばにいるかもしれない、ということに気づいて。

特に、自分勝手な相手との生活は、あなたにとってはすごく負担だと感じるはず。そんな相手から迫られたら、情にほだされず、おつき合いを申し込まれてもキッパリ断ったほうが吉です。

 

2016年下半期の運気の流れと恋のゆくえは、あなた自身の行動にかかっています。ほんのささいな出来事も、実は大きな運気のうねりの中に飛び込む前触れだったりするもの。

どんなことが起きても、なるようになるさと受け止めてポジティブに対処していくことで、きっとあなただけの下半期が花開くはずです。皆さんの運気と恋が最高にハッピーなものになりますように。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ sunlight77/shutterstock

【関連記事】

※ 【開運誕生日月占い】7月11日から7月17日のあなたの運勢は?

※ 実はそれラッキーサイン!? 手に現れる運気上昇のサインいろいろ

※ 【恋愛運UPネイル】縁結びの運気がぐんぐん上がる「薬指アート」の秘密

※ 爪の汚れは運気が落ちる!? 簡単キレイで運気もUPする爪とは

※ 縁起がいい「申赤」って知ってる?赤いランジェリーが運気UPに