10日、韓国・MBCテレビは、さまざまな大気汚染対策に乗り出していた韓国政府に大きな盲点があったと報じた。写真はソウルの地下鉄駅構内。

写真拡大

2016年7月10日、韓国・MBCテレビは、さまざまな大気汚染対策に乗り出していた韓国政府に大きな盲点があったと報じた。それは地下。ソウルの地下鉄駅の70%で汚染物質の濃度が「悪い」レベルであるのに、これが放置されているというのだ。

記者がソウルのある地下鉄駅に出向き手元の測定器で汚染物質の濃度を測ったところ、1立方メートル当たり140マイクログラム、地上の2倍以上の数値が出た。気象情報では同150マイクログラム以上で「非常に悪い」汚染レベルとされるが、これに迫る汚染度だ。ソウルの地下鉄を運営するソウルメトロなどによると、ソウルの地下鉄駅の7割は汚染が「悪い」レベルで、列車内でも同程度の汚染状態が継続して検出されるという。専門家は「列車が混雑する時間帯には桁外れに高い濃度が測定されるため、短時間でも健康に大きな影響が出かねない」としている。

ソウルメトロは昨年末、5億5000万ウォン(約4880万円)を投じ4駅に汚染物質の測定器を設置、リアルタイムで測定数値を公開しているが、設置箇所が比較的汚染の少ない待合室に限られている点が問題だ。ソウル市議の1人は「全駅の汚染度を年に1度しか測定しないことも問題だが、その測定値も信頼できない」と指摘している。

MBCは、実はソウルの地下鉄駅は大気汚染の「地獄」だったと伝え、これに韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「ソウル地下鉄はサバの炭火焼きの店だったかな…」
「地下鉄だけでなく、地下のすべての空間も同じだと思う」
「地下鉄も『悪い』、道路も『悪い』…この国は人の住む場所じゃないな」
「地下鉄に乗っただけでいつも眠くなる。たぶん酸素が足りないからだろう」

「やはり僕の感覚は間違ってなかった。1号線は空気が悪過ぎる」
「いまさら…。地下の空気が悪いなんていつの話だよ、今ごろ知ったなんて笑える」
「日本のように地下鉄をもう少し快適にしてくれ。空気清浄機を設置すれば少しは良くなるはずだ」

「ええっ!大勢の人が使う空間なのに。換気口とかをきちんと点検して最大限の改善をしてほしい」
「地下鉄の職員はどうなるんだ?毎日そこで働いてるのに…」
「まあ、韓国だからそんなもんだろう」(翻訳・編集/吉金)