11日、中国では数年前、オーストリアの景勝地ハルシュタットの街並みをそっくりそのまま再現した施設が広東省に登場し話題となった。だがそうした「コピー」では満足できない中国人が、本物を求めて続々とハルシュタットを訪れている。写真は中国版ハルシュタット。

写真拡大

2016年7月11日、中国では数年前、オーストリア・ザルツブルグ近郊の景勝地ハルシュタットの街並みをそっくりそのまま再現した施設が広東省恵州市に登場し話題となった。だがそうした「コピー」では満足できない中国人が、本物を求めて続々とハルシュタットを訪れている。環球時報が伝えた。

【その他の写真】

オーストリア紙デア・シュタンダールトは「ハルシュタットの中国での知名度はウイーンに劣らない」と指摘する。同紙によると、人口わずか900人ほどのハルシュタットは昨年、80万人の観光客を迎え入れたが、うち50万人が中国人だった。オーストリアでは昨年、中国人の宿泊者数が延べ96万人に上ったが、今年は100万人を超えるとみられている。

ウクライナ情勢をめぐる経済制裁や通貨ルーブル暴落などの影響でロシア人客が減り続ける中、オーストリアは中国人宿泊者数の増加に期待をかけている。(翻訳・編集/柳川)