UEFA選出ユーロ2016のベスト11発表、MVPはグリーズマン

写真拡大

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、ポルトガルの初優勝で幕を閉じたユーロ2016のベスト11とMVPを発表した。

▽最優秀選手に輝いたのは準優勝に終わったフランス代表MFアントワーヌ・グリーズマン。グリーズマンは決勝トーナメントに入って以降、3戦連発を含む6ゴール2アシストをマークし、得点王に輝いた。そのフランスからはグリーズマンの他、グループステージで貴重な2ゴールを決める勝負強さを見せたMFディミトリ・パイエが選出されている。

▽そして優勝したポルトガルから最多4選手が選出。決勝で負傷交代に終わったものの準決勝ウェールズ戦で1ゴール1アシストを決めたFWクリスティアーノ・ロナウド、守備の要として負傷により欠場したウェールズ戦を除いてフル出場したDFペペ、攻撃センスを見せた左サイドバックのDFラファエウ・ゲレイロ、そして安定感が光ったGKルイ・パトリシオがそれぞれ選出されている。

▽また、今大会のサプライズチームとなったウェールズからはMFアーロン・ラムジーとMFジョー・アレンが選出。とりわけラムジーは準々決勝ベルギー戦で2アシストをマークするなど攻撃面での貢献が光り、ベスト4進出に尽力した。ただ、ウェールズを牽引する働きを見せたFWガレス・ベイルが選外となっている。

▽最後にベスト4で敗退したブラジル・ワールドカップ王者ドイツからは3選手が選ばれた。準決勝フランス戦で負傷交代となったものの、高精度フィードや身体能力の高さを生かした守備で存在感を放ったDFジェローム・ボアテングがセンターバックで選出。そして右サイドバックには本職ではないものの攻守にアグレッシブなプレーを披露していたMFジョシュア・キミッヒが、最後に中盤をオーガナイズしていたMFトニ・クロースが選出されている。

◆UEFA選出ベストイレブン◆

【4-2-3-1】
GK:ルイ・パトリシオ

DF:キミッヒ、J・ボアテング、ペペ、ラファエウ・ゲレイロ

MF:グリーズマン、ジョー・アレン、ラムジー、クロース、パイエ

FW:C・ロナウド