渡辺直美(左)と友近(右)

写真拡大

オバケには強いけど、オトコにはめっぽう弱いプロフェッショナルなオタク理系女子たちが、ニューヨークを舞台に“ゴーストバスターズ”を起業し、幽霊退治に乗り出す姿を追った『ゴーストバスターズ』。この映画のワールドプレミアが7月9日にL.A.のTCL・チャイニーズシアターで行われ、オリジナル版のキャストやスタッフとともに、日本版の声優をつとめる友近と渡辺直美も登場した。

この記事(『ゴーストバスターズ』ワールドプレミア)のその他の写真をチェック!

この日はハリウッドの大通りを1ブロック封鎖。『ゴーストバスターズ』の世界観を体現する全長100mのブラックとグリーンのスライムカーペットが敷き詰められ、映画のコスチュームに身を包む熱狂的なファンのボルテージも最高潮に!

そうした中、ゴーストバスターズ・ジャパンを代表し友近と渡辺が登場すると、先日公開されたMVが世界中で人気を博しているのを裏付けるかのように、ファンからは「MV毎日見てるよ!」「君たち最高にクールだ!」「Oh My God! 君たちのドレスもアメイジングだね!」といった熱烈なラブコールが送られた。

イベントはスペシャルダンサーの踊りで幕を開け、「世界で最も稼ぐ女優」ランキング第3位(Forbes発表)のメリッサ・マッカーシー(アビー役)をはじめ、クリステン・ウィグ(エリン役)、ケイト・マッキノン(ジリアン役)、レスリー・ジョーンズ(パティ役)らが満を持して登場!

エリン役のウィグは自身の声を演じた友近に「あなただったの、ありがとう! 2人とも素晴らしいわ。とてもキレイよ!」と大興奮の様子。続いて登場した『ゴーストバスターズ』のテーマ曲でお馴染のレイ・パーカーJr.も、2人に会った瞬間に日本語で「カワイイ、カワイイ」と連呼し、話題のMVに出演している2人だと知ると大興奮! それに、自身のTwitterでゴーストバスターズ・ジャパンのMVを紹介するほど、ゴーストバスターズ・ジャパンの虜になっている本作の監督ポール・フェイグも加わり「ゴーストバスターズ」を大合唱する一幕も見られた。

一方、友近は初対面となるエリン役のウィグについて「キレイでしたし同い年くらいだと思うのですが貫禄がありました。リアクションも上手なので見習いたいです!」とコメント。マッカーシー扮するアビー役の声を演じた渡辺は「本当に大好きなので会った時に衣装を褒められて『あなたの声を演じました』と言った時にすごい喜んでくれて、すごいいい人だなと思いました!」とマッカーシーの印象について話していた。

『ゴーストバスターズ』は8月11日から14日まで先行公開、8月19日より全国公開となる。

【関連記事】
[動画]映画『ゴーストバスターズ』友近、渡辺直美らが歌う日本語版MV
全員女性の新生ゴーストバスターズの面々が超強気でふてぶてしい!
[動画]映画『ゴーストバスターズ』予告編
クリス・ヘムズワースのおバカぶりに監督もコメディ才能あると太鼓判!/『ゴーストバスターズ』