10日、米華字メディアは記事「中国の急所を突いた高高度防衛ミサイル(THAAD)、なぜ中国には盟友がいないのか?」を掲載した。韓国のTHAAD配備は中国の外交政策の失敗を明らかにしているという。

写真拡大

2016年7月10日、米華字メディア・多維新聞は記事「中国の急所を突いた高高度防衛ミサイル(THAAD)、なぜ中国には盟友がいないのか?」を掲載した。

米韓両国は8日、在韓米軍にTHAADの配備を発表した。THAADは米軍が構築するミサイル防衛(MD)システムの一環で、150キロという高高度での弾道ミサイル迎撃を可能とする。北朝鮮の弾道ミサイルへの対抗が狙いだが、地域のパワーバランスを壊すと中国が強く反発してきた。近年、中韓はきわめて密接な友好関係を築いてきたが、ここにきて伝統的な米韓同盟の強靱(きょうじん)さが改めて示された。経済力を武器に2国間の友好関係を強化する中国外交は失敗に終わったとも言えよう。

日本、韓国、フィリピンなど中国は米国の同盟国に包囲されている。一方、中国には信頼できる盟友がないのが現状だ。その要因の一つは中国が非同盟主義を貫いてきたことにある。しかし時代は変わった。もし中国が国際社会でプレゼンスを発揮したいのならば、戦略を変更し盟友獲得にかじを切るべきだ。(翻訳・編集/増田聡太郎)