「水中ニーソ」って知ってる? ニーハイソックスを履いた女の子たちが幻想的に水の中を舞う姿にうっとり

写真拡大

可愛い女の子、水着、二ーハイソックス。この3つが合わさって水中に入ることにより完成する世界、それが「水中ニーソ」!

アーティストの古賀学さんによって撮影された「水中ニーソ」モデルの女の子たち。彼女たちの表情や体全体からは、女の子特有の儚さ、危うさ、可愛らしさが存分に引き出されており、コケティッシュな魅力でいっぱい。

【ファン急増中!】

映画「ヘルタースケルター」や、アーティストの「アーバンギャルド」「さよならポニーテール」などのMVを手がける古賀さんは、水中でのポートレート撮影や動画を中心に活動する映像作家です。

「水中ニーソ」シリーズは、2013年に写真集発売と展示に続いて、2014年に「水中ニーソプラス」を発表。2015年からはレギュラーイベント「月刊水中ニーソ」を開催するなど、精力的に活動を続けていることもあり、ファンがどんどん増え続けているみたいなのよね。

【7月号の誌面を飾るのは新モデルのみなさん】

毎月発売されているという写真集「月刊水中ニーソ」の最新号、7月号の中身をチェックしてみると、そこでモデルを務めていたのは新モデルオーディションに勝ち抜いたフレッシュな面々。

台湾出身のモデル・Mio兔(ミオ・ウサギ)さんに、ダンサーの工藤桃子さん、そしてポートレート&ショーモデルの先(サキ)さん。

3人の魅力的な女の子たちが、水中をふわふわ幻想的に漂いキュートな笑顔をみせるその光景は、なんともファンタジック。

「水着は着ててもニーハイは履いて絶対領域だけは死守」「時には水中眼鏡や酸素ボンベを装着」といった要素にも、ほのかなフェティシズムを感じます。

【ハマったら抜け出せないっ】

「ポップな柄とカラーのニーハイソックス×競泳水着」という組み合わせも、実に独特! いちどハマるとクセになる「水中ニーソ」の世界を、あなたものぞいてみてはいかがでしょうか。

参照元:Pepper Shop、sprite
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る