最近では、1日中座りっぱなしなのは健康に悪く、歩きまわったり、体を動かしたりすることが重要であることが知られるようになりました。しかし、座っている姿勢自体も同じくらい重要なのは言うまでもありません。理学療法士のジョアン・ゴフさんが、理想的な座り方と、デスクやイスの調整方法をシンプルな動画で教えてくれています。


この動画では、デスクで仕事をするときや、ソファーでノートパソコンを使うときに、どのような姿勢をとるべきかを解説しています。人間工学に基づいたオフィスチェアがあれば安心ですが、それでも正しい使い方を知る必要はあります。ゴフさんは次のポイントを守るようにとアドバイスしています。



イスにできるだけ深く腰掛ける。
お尻がヒザの少し上にくるように椅子の高さを調節する。
背中のカーブしている部分に、イスのランバーサポートや丸めたタオルを置き、支える。
ひじの角度が90度になる位置にキーボードを置く。
「G」キーがおへその位置に来るようにする。

動画は4分ほどですので、ぜひチェックしてみてください。きっと将来の腰痛からあなたを守ってくれますよ。


How to Protect Your Posture During Work|YouTube

Mihir Patkar(原文/訳:伊藤貴之)