10日、ニュースサイトの網易が「10大男神」の顔ぶれを発表した。メイン写真はクリス。

写真拡大

2016年7月10日、今年上半期に活躍した芸能界の「男神」について、ニュースサイトの網易が「10大男神」の顔ぶれを発表した。

【その他の写真】

ネット界から登場した流行語で、すでに定着した感のある「男神」という言葉。芸能界における「男神」の条件とは、イケメンでカリスマ性と影響力を持ち、才能豊かであること。今年上半期の芸能界を飾った「10大男神」は以下のような顔ぶれだ。

まずは韓流グループEXOから離脱表明し、ソロで活動しているクリス(呉亦凡/ウー・イーファン)、ルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)の2人。いずれも音楽に映画にと目覚ましい活躍を見せる。さらに、若手俳優のリー・イーフォン(李易峰)、チェン・シュエドン(陳学冬)、チャン・ハン(張翰)、チェン・シャオ(陳暁)、歌手のホア・チェンユー(華晨宇)と旬な顔ぶれが並ぶ。

少し年齢が上がって、30代後半の「男神」もいる。38歳の俳優リー・チェン(李晨)は、女優ファン・ビンビン(范冰冰)とのビッグカップルでも注目の存在。「蘭陵王」で知られるウィリアム・フォン(馮紹峰)も同じく38歳だ。

「10大男神」で最高齢だったのが、香港の俳優ウォレス・チョン(鐘漢良)。デビューから23年、今年42歳ながらイケメンぶりは衰え知らずだ。(翻訳・編集/Mathilda)