ハーヴァード大学の研究チームが、効率的に泳ぐエイの姿を真似るべく、ラットの心筋細胞約20万個を使って「エイ型ロボット」をつくった。光の合図で進行方向とスピードを調整できる。

「心筋細胞でつくられた超小型ロボットが「エイ型」になった理由」の写真・リンク付きの記事はこちら

アカエイなど「エイ上目」に属する魚は、その平らな体と、頭部から伸びる翼のような長いヒレを特徴としている。

エイのヒレは、使用するエネルギーを最小限に抑えつつ、最大限の運動を生み出すように動く。エイは、エネルギー効率のいい波のような動きでヒレを動かすことで、優雅に泳ぐのだ。その姿は水中を滑空するように見える。

こうしたエレガントで効率的な動きからヒントを得て、ハーヴァード大学の研究チームが、ラットの心筋細胞を使った超小型の「エイ型ロボット」を開発した。心筋細胞は光に反応するように遺伝子操作されているため、光の合図でロボットの動きをコントロールすることができる。

810

約20万個の心筋細胞でつくられたエイ型ロボット。全長16mm、重量はたったの10gだ。

『サイエンス』誌に掲載された論文によると、ハーヴァード大学のパク・ソンジンら研究チームは、電気的に中性な金を使ってアカエイの形を真似た骨格をつくり、この骨格に伸縮性のあるポリマーの薄い層を被せたという。

さらに研究チームは、エイ型ロボットの本体上部に沿って、ラットの心筋細胞を取りつけた。この心筋細胞は、刺激を受けるとエイ型ロボットのヒレを下向きに収縮させる。

下の動画で示されている通り、さまざまな周波数の光を使うことによってスピードも調節できる。進行方向を変えることもでき、エイ型ロボットは、光に導かれながら障害物のあるコースもクリアできる。