WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ついにというか、やっぱりというか、先週の世界選手権シリーズ(WGC)のブリヂストン招待(6月30日〜7月3日/オハイオ州)最終日のラウンド後、松山英樹(24歳)がリオデジャネイロ五輪のゴルフ競技(8月11日〜14日/ブラジル・オリンピックGC)への出場辞退を表明した。

 世界ランキング上位陣では12人目で、アジアからは初の辞退者となった。正式な出場辞退のステートメントが発表されると、アメリカのゴルフメディアもこぞって松山の辞退を取り上げた。

 大会初日、松山は「いろいろな情報を集めている。(五輪出場については)慎重に考えている」と話していた。それから3日後に決断を下した。

 理由は"ジカ熱"や"治安"など、とにかく不安要素が多いことだ。もともとアレルギー体質の松山は、蜂に刺されて大変なことになったこともあるそうだ。結果、最終日のラウンド終了後、五輪出場に関して「その後の心境の変化は?」と問われると、「(五輪出場は)やめます。出ません」と真っ直ぐ前を見つめて、きっぱり答えた。

「そういう(いろいろな)不安があるところでは、まだプレーするのは避けたほうがいいかな、と。一番いい選択だったかどうかはわからないけど、早めに決断したほうがいいと思った」

 そう理由を説明した松山。その後、彼の五輪辞退を伝えたアメリカメディアには、批判めいた記事は見当たらなかった。おそらく今後も、そうした話は出てこないだろう。

 4月、オーストラリアの五輪代表になることが濃厚だったアダム・スコット(35歳)は、「過密スケジュール」を理由に早々に辞退を表明した。その際、母国では批判の嵐だった。

「五輪でプレーする意義とは、ゴルフの発展のため。メジャーに重きを置き、五輪よりもメジャーで勝ちたいのは誰もが同じ。しかし、そこを何とか折り合いをつけて五輪でプレーすべきだ」

 そんな報道が相次いだ。当時、私もそう思っていた。

 だが、今はちょっと違う。これほど不安要素があって、帰国後、本当に健康被害は出ないのか。あるいは、現地でプレーできないような状況に陥ったら、いった誰が責任を取ってくれるのか。

 最終的には個人の責任で行くのだから、個人の判断が優先されるべきだろう。

 ロリー・マキロイ(27歳/北アイルランド)も、当初は五輪出場に前向きだった。ずっと「ゴルフがまだ盛んでない地域で、少しでも(ゴルフに)興味を持ってもらえれば」と言い続けてきたが、婚約者の存在を理由に「近い将来、一緒になる家族を守るため」と出場辞退を決意した。

 世界ランキング1位のジェイソン・デイ(28歳/オーストラリア)も、「家族の安全が一番」と五輪参加を辞退した。メディアから「(五輪が)東京での開催だったら出場したか?」と聞かれると、デイは「東京なら出場したよ」と回答。純粋に健康被害を懸念して結論を出したようだ。

 正直、女子に比べて、男子のほうがメジャー4大会の存在が大きいため、もともと男子プレーヤーの五輪に向けての意欲は希薄だった。結局のところ、ジカ熱や治安などへの不安=リスクを冒してまで参加する価値を見出せなかったというのが本当のところではないだろうか。

 さて、松山は、五輪辞退を決意したブリヂストン招待の最終日、9ラウンドぶりにアンダーパーをマーク。ややホッとした表情を見せた。

「内容的には満足していないけど、しばらくアンダー(パー)で回っていなかったので、気持ち的には楽になった」

 6月のザ・メモリアル・トーナメント、メジャー初制覇が期待された全米オープンと、2試合連続の予選落ちを喫した松山。今大会でも3日目までオーバーパーのラウンドが多く、「スランプ?」といった声が囁かれ始めそうな状況にあった。不調の原因は本人もわからず、ただただ首をひねるだけだったので、その状態が余計に心配された。

 しかし実際は、この大会から導入した新ドライバーで、狭いコースのフェアウェーをとらえることができなかったこと。波に乗れそうなところでパットを決められなかったこと。初日は冴えていたショートゲームが2日目には精彩を欠いていた......など、スコアが出ない要因はいろいろあった。

 それが最終日、松山はやっと「いいところでパットが入ってくれた。アイアンの距離感もようやく合ってきた」と、復調への手応えをつかんだ。ただ、その理由については、「何でしょうね? わからないです」と、よくなったきっかけについても首をひねるばかりだった。

 一方、松山に先がけてリオ五輪出場辞退を発表したデイは、「(五輪について)決断したら、気持ちが楽になった」と初日から好プレーを披露。惜しくもダスティン・ジョンソン(32歳/アメリカ)に敗れたが、最後まで優勝争いを演じてギャラリーを沸かせた。

 もしかすると松山も、五輪に出場するか否かという決断が、自分でも気づかないうちに重圧になっていたのかもしれない。振り返ってみれば、そんなことも感じる1週間だった。

 次週は、今季メジャー第3弾の全英オープン(7月14日〜17日/スコットランド・ロイヤルトゥルーンGC )。そして1週空いて、メジャー最終戦の全米プロ選手権(7月28日〜31日/ニュージャージー州・バルタスロールGC)が開催される。

「全英オープンに向けて、気持ちも晴れやかに行けると思う」

 熟考の末に五輪辞退を決めた松山。悩みから解放された今、残り2つのメジャーに照準を合わせて、そこで全力を尽くすだけだ。

text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN