【才能手相】知能線が下に急カーブしている人は、趣味を仕事にできる人!

写真拡大

――「知能線」に注目すると、あなたの適職が見えてきます。進路が定まらない人、今の仕事に疑問を感じている人は、知能線を要チェック! 「才能手相」シリーズで、あなたが生きる道を探しましょう。

(※手相の画像はこちらから見れます)

<第9回 趣味を仕事にできる人の手相>

【知能線の見方】
 親指と人差し指の間から手の平を横切って伸びる線を「知能線」といいます。知能線には、性格や才能の傾向があらわれるため、仕事運・適職はこの線で見ます。

■知能線が急カーブしている人は、趣味でプロになれる!

 知能線が角度をつけて折れ曲がっている人は、好きなことでないと続かない人です。逆にいえば、好きなことであればトコトン頑張れる才能があるので、結果的に趣味を仕事にできる人です。たとえば、占いが好き過ぎて、自ら占い師になる。食べ歩きの趣味が高じてフードライターや料理研究家の道へ進むこともあるでしょう。もちろん、プロにはアマチュア時代になかったような苦労がたくさん待ち受けています。自分さえよければそれでいいというわけにはいかず、お客の要望に応えなくてはいけなかったり、リスク管理もしなくてはなりません。でも、「これが好きだから、ほかの仕事は考えられない!」と言える覚悟がこのタイプにはあり、極めることで未来が開けていくのです。

■「太陽線」がしっかり出ていたら、成功目前かも!

 太陽線とは、薬指に向かって伸びる縦線で、成功運、人気運、財運をあらわします。急カーブしている知能線に加えて太陽線が出ていれば、趣味のビジネスがゆくゆく大成功を収めるサインです! とくに、太陽線上に「✳」のような星印があらわれていたら、成功運に弾みがついていて、ラッキーなことが立て続けに起こる可能性があります。前向きに努力すれば、素晴らしい名声を手にしたり、セレブ人生を満喫できるようになるかもしれません。

 もし、あなたが急カーブしている知能線の持ち主であるなら、好きなこと・熱中できることを大切にしましょう。ゆくゆくは、そういった事柄が身を立てる助けになってくれるはずだからです。
(夏川リエ)