20年以上昔に大活躍したUFO仮面ヤキソバンが “衝撃的な姿” になって帰ってきた! 彼の身に起こった悲劇とは!?

写真拡大

あなたは、UFO仮面ヤキソバンを覚えているでしょうか?

1993年から1995年にかけて放映された、日清食品「日清焼そばU.F.O.」のテレビコマーシャルのシリーズと、それに登場した架空のキャラクター。それがヤキソバンです。

タレントのマイケル富岡さん演じるヤキソバンはたちまち人気を集め、いつしか日本中から愛される存在へと成長。

しかし時の流れというのは残酷なもの……およそ20年という歳月がヤキソバンの名声を、自信を、そして正義という信念までをも奪ってしまったのであります。

【一体なにがあったのか】

現在放送中の新CM「日清焼きそばU.F.O. エクストリーーーム!編」には、ヤキソバンがこれまで歩んできた哀しみに満ちた20年と、彼の身に起きた最大の悲劇が描かれています。

人々に忘れられ、馬鹿にされ、あげくには不審者扱い。かつては豪邸に住んでいたにもかかわらず、ついには公園で野宿するような生活に。

そうしてヤキソバン(54歳無職)は落ちるところまで落ち、日々酒におぼれてクダを巻くというような生活を送るようになっていました。

【ヤキソバン、とうとうキレる】

ある日、居酒屋で飲んだくれていたところを、客たちに「ヤキソバマン! ヤキソバマン!」(名前間違えてる)と、はやしたてられたヤキソバン。

とうとうブチキレて、頭に乗っている「U.F.O.」を地面に投げつけて割ってしまうのです。

「焼きそばなんて滅びてしまえばいいんだ……地球ごと滅びてしまえばいいんだぁぁあ!!」と叫び、地球を出て行った、その数十年後。なんと彼はヒーローであることをやめて、悪の帝国レイジアウトを統治する「バッド・ゲドウ魔王」として、新たな人生を歩み始めてしまうのです。

【どこかで聞いたような流れだな】

この、ヒーローがダークサイドに落ちるところといい、実の息子・ソースと “善と悪” というかたちで対峙するところといい、まるで映画『スターウォーズ』のよう……。

ってか、ほぼ、スターウォーズそのまんまやないかい!

【ネットの声】

“ヤキソバンの闇落ち” という衝撃的な展開に、ネットユーザーも続々反応を示している模様。

「ヤキソバン……大好きだったのに……」
「暗黒に堕ちたか……」
「無職……」
「ソースビーム!! あげだまボンバー!」
「1993年の広告と比べても老いを感じないヤキソバン」
「ケトラーも出てきてほしい」
「ヤキソバンを救えるのはケトラーだけ!」
「UFOガール ヤキソバニーさんはどこへ??」
「懐かしい! 懐かしすぎて思わず泣けた」
「ヤキソバンが帰ってくることを信じてますよ!」

ヤキソバンてば、これからどうなっちゃうのぉ〜!? 

そしてデーブ・スペクターさん演じるケトラーも、ヤキソバンのいとこ、松雪泰子さん演じるヤキソバニーも、懐かしいですねぇ。2人ともぜひとも、カムバックしてほしいものです。

しかし今さら松雪さんにあのカッコしてもらうのは、少々申し訳ないような気持ちになっちゃうけども、ね。

参照元:日清焼きそばU.F.O、YouTube
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る