SNSで最も人気なテック企業は?:トレンドレポート発表

写真拡大

Brandwatch社の最新レポートによると、ソーシャルメディアで人気の高いテック企業トップ3は、レノヴォ、任天堂、サムスンだった。いまやソーシャルメディアでの人気と製品の成功には、切っても切れない関係がある。

「SNSで最も人気なテック企業は?:トレンドレポート発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

ソーシャルメディアのモニタリング企業、Brandwatch社の最新トレンドレポートによると、ソーシャルメディア上でテック愛好家たちに最も好まれている企業は、レノヴォ、任天堂、サムスンだった。

このレポートでは、ソーシャルメディアにおける影響力を、ソーシャルにおける認知度、全般的な認知度、ネット好感度、エンゲージメント、リーチ成長率について評価している。

「コンピューター、携帯電話、テレビ」に関しては、マイクロソフト、LG、アップルが上位だった。「オーディオ、ゲーム、ウェアラブル」では、任天堂やBOSEのようなより専門的なブランドが好成績を残した(任天堂は2016年6月、E3で発表された「ゼルダの伝説」最新版がとくに人気を集めた)。

一方、ドローンや仮想現実(VR)などの比較的新しい分野での人気は「流動的」だ。レポートによると、キャンペーンやイヴェント次第でブランドリーダーが常に変化している。

意外ではないかもしれないが、レポートによると、主要テックブランドのソーシャルオーディエンスは「男性に大きく」偏っていた。

RELATED

レポートによると、ソーシャルメディアにおける支持は、製品の売れ筋にも大きな影響力がある。つまり、ソーシャルメディアでユーザーたちに飛びつかれると製品はうまくいく可能性が高くなる。一方、ソーシャルメディアで受け入れられないテクノロジーは、3Dテレビや「Google Glass」のように、「たくさんのお金が無駄になる可能性」が高い。

Brandwatch社の戦略担当アカウントマネージャーであるニック・バーナは、「消費者向けのテック業界は、成長と革新が続いており、ブランドが安定して顧客に期待されることがだんだん難しくなっています」と言う。「ソーシャルメディアで得られる情報によって、ブランドは、市場の変化に直面しても先を見越して行動することができるのです」

全体のランキングは以下の通り。

1位:レノヴォ
2位:任天堂
3位:サムスン
4位:インテル
5位:ASUS
6位:マイクロソフト
7位:LGエレクトロニクス
8位:Garmin
9位:HTC
10位:GEアプライアンス