11日、中国国防部は、アフリカの南スーダンで10日、国連平和維持活動(PKO)に参加していた中国人要員1人が死亡し、3人が重傷、3人が軽傷を負ったと発表した。写真は中国のPKO部隊(資料写真)。

写真拡大

2016年7月11日、中国国防部は、アフリカの南スーダンで10日午後6時39分(現地時間)、国連平和維持活動(PKO)に参加していた中国人要員1人が死亡し、3人が重傷、3人が軽傷を負ったと発表した。環球網が伝えた。

ロイター通信は10日、南スーダンの首都ジュバで同日起きたキール大統領派とマシャール第1副大統領派の元反政府勢力との衝突で、中国のPKO要員1人が犠牲となり、中国とルワンダの複数の要員が負傷したと伝えていた。

中国国防部は11日、「今回の襲撃を強く非難するとともに、犠牲者への哀悼と負傷者および死傷者の家族にお見舞いの意を表明する」と発表した。(翻訳・編集/柳川)