ムリムリ…もらって困った「引越し・新築祝い」3位花、意外な1位は

写真拡大

結婚したり、家族が増えたりするとするのが“引っ越し”。生活が落ち着き、住みたい土地に理想の家を手に入れるまで、人間は引っ越しを繰り返すものかもしれません。

そんな引っ越しに付き物なのが“引っ越し祝い”。でも、友人や家族から「良かれ」と思ってもらったものに、密かに「ゲッ…いらね!」と思ったことはありませんか? まさか今の世の中、狸や熊の置物を贈ってくる人もいないかと思いますが……。

今回は、引っ越し比較・予約サイト『引越し侍』が同サイト利用者1,135人を対象に行った「引っ越し祝い・新築祝いランキング」をご紹介しましょう。

 

■もらって嬉しいのは…やっぱりお金!

まず、「もらって嬉しかった贈り物」は、

1位・・・現金・祝い金

2位・・・商品券・ギフト券

3位・・・カタログギフト

という結果でした!

引っ越し時に現金は入用。またギフト券なども、店で自分の好きなものを買えるし、カタログギフトも自分で選ぶことができます。

やっぱり、引っ越し・新築した家には自分の好みのものを置きたいですよね。特に家族の場合は、もらう人が自分の好きなものを購入したり、引っ越し代に充てたりできる現金が喜ばれそうです。

 

■“もらって困った贈り物”ワースト3は?

では次に、「もらって困った物」は、

1位・・・観葉植物

2位・・・食器

3位・・・花

という結果となりました。1位は意外にも“観葉植物”ですが、これも引っ越しがすっかり終わって落ち着いてから、インテリアと合うものを自分で選びたいもの。いきなり毒々しい花が咲く鉢植えをもらった日には……ということもあるでしょう。

2位は食器。「引っ越したら、好きな食器を一通り揃えたい」と思い描く女性は多いもの。そんな時に、好みでないどぎつい柄と色のお皿を贈られたら、キャビネットの奥に永遠に眠ることになりそうです。

そして3位は花。引っ越して家具やダンボールがバラバラ置かれ、整理整頓もろくにしていないのに、いきなり花を贈っても目が点に……。 もしかしたら、花瓶もどこにしまったか分からない状態かもしれませんし、ゆっくり花を愛でるヒマなどないでしょう。

 

■引っ越し・新築祝いを外さないコツとは

というわけで、引っ越した人や、家を新築した人がもらって喜ぶギフトは“現金やギフト券”であることが分かりました! 反対に、植物関係は喜ばれないことが判明……。

でも、「現金をあげるのもなんだか世知辛いし、金額が少ないと恥ずかしい……」という場合もありますよね。現金をあげる場合は少ないとはばかられて、万単位になりそうで、それは贈るほうにとってもフトコロが痛いもの。

では他に、引っ越す人が喜ぶ“お金ではないギフト”というものはあるのでしょうか? それは本人に聞いてみれば分かることです。

米国では、クリスマスや誕生日、ベビーシャワー(子どもが生まれる前にギフトを贈るイベント)の時、もらう側に“ウィッシュリスト”というプレゼントの希望リストを作ってもらうことが多いのです。

本人に10個くらい新居に必要なもの・欲しいものを挙げてもらい、その中から予算に合ったものを選ぶ、というのはどうでしょうか?

これなら、リストに挙げたうちどれが選ばれるか分からない、というサスペンスもありますよね。それに、外すことはまずありません。

 

いかがでしょうか?

プレゼントを贈る時は相手の気持ちになって考えたいものですが、私たちはよく“自分の欲しいもの”を人も欲しいと思ってしまうもの。

主観的な意見はこの際捨て、あくまで相手の気持ちを汲んであげてくださいね!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 彼からの贈り物「別れるなら返せ」と迫られたら?弁護士に聞いてみた

3位治安、1位近所付き合い「引越し先で不安なこと」意外すぎる2位は

ゲッ…お湯でない!引越し後にやりがちな「赤っ恥体験」あるある3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 最新の紫外線対策はこんなに簡単だった!飲む美白ケアが凄い

※ そのノンシリコン、大丈夫!? 意外と知らない「シャンプー」の基礎知識

時短だけじゃない!「エイジングケア」もできるBBクリームって

 

【姉妹サイト】

※ 破綻する前に!「嫉妬深すぎる妻」が見直すべき思考パターン3つ

※ あー図々しい!4位昼飯時に家にくる「ケチセコだと思うママ友」1位は

 

【参考】

※ 引っ越し祝い・新築祝いランキング - 引越し侍

 

【画像】

※ aijiro / PIXTA(ピクスタ)