夏のモテ髪はここで差がつく!「前髪の分け方&質感」の秘密/画像提供:株式会社KADOKAWA

写真拡大

【ヘア/モデルプレス】Instagramフォロワー数7万人超えの人気ヘアスタイリスト・金子真由美さんが、モデルプレス読者の皆さまに、カンタンなのに可愛くみえるヘアアレンジの秘密をご紹介する連載「本当は教えたくない!かねこアレンジ」。流行を先取りできる情報が満載。

【さらに写真を見る】夏のモテ髪はここで差がつく!「前髪の分け方&質感」の秘密

♥金子真由美の新連載「本当は教えたくない!かねこアレンジ」第3回


プロデューサー巻きで流行った肩掛けスタイルが、今年はショールやスカーフを肩掛けするスタイルで再び注目されています。シンプルコーデのワンポイントにもオススメ。また、夜のちょっと肌寒いときのお出かけなどにもピッタリ。

今回は、まるでショールを肩掛けしたような真っ赤なブラウスに、ラフに巻いたダウンスタイル。センター分けにセミウェットな質感を組み合わせ、今ドキ「モード感」を出し、甘くなりすぎない仕上がりに。そこに、涼しげな「白」のヘアアクセサリーをプラス。

夏だからこそ着れる「赤」に、相性抜群な「白」を合わせることで、こなれ感がアップ!赤はデニムとの相性抜群なので、今季のトレンドアイテム「カットオフデニム」と合わせると、さらにオシャレ度アップ間違いなし。アクセはシルバーや白で夏らしさを。

アレンジのポイントは、ヘアアクセサリーはあえて両サイドにつけ、大きさの違いを演出することで、アシンメトリーな雰囲気にしているところ。これだけで「なんか可愛い感じ」をつくることが可能となります。

■金子のトレンド先取り


春夏コレクションでとても多かったのが、ぱっくりセンター分け前髪。センター分けでウェーブをつくると外国人風ヘアに早変わり。さらにウェットな質感にするのが、今季のトレンドです。伸ばしかけの前髪にもオススメ。

また、センター分けには小顔効果もあり、顔の輪郭が気になる方は是非一度お試しあれ。そして、ウェットな質感は、都会的でちょっぴりオトナな女性を演出してくれます。

今年の夏のメイクは、ちょっと落ち着いたカラーのチークやリップが注目されています。そのため、明るいお洋服を選んでもやりすぎない印象を出すことができます。

ビビットカラーである今回の洋服の赤は、モノトーンに比べ、顔色をよく見せてくれる効果があります。その場合には、落ち着いたカラーのメイクでバランス感を。

それでは、「トレンド先取り!センター分け&ウェットな質感アレンジ」の手順を紹介していきます。

◆使用するもの


・見せピン2つ
・バレッタorヘアクリップ
・スタイリング剤(セミウェットになる柔らかめなワックスやオイル

◆プロセス手順解説


1:ランダムにミックス巻き。ストレートアイロンでもコテでもOK。毛先だけでなく中間からカールがあると、より可愛い仕上がりになります。(今回は32ミリのコテを使用)
2:カールした髪全体にワックスを揉み込む。(柔らかめのワックスやオイルなどセミウェットな質感になるものがオススメ)
3:ジグザグになるように髪の毛をセンター分けにする。
4:顔周りをピンなどのヘアアクセサリーで留めたら完成です。

(modelpress編集部)

写真撮影:福田瞳
モデル:内山亜梨沙
衣装協力:DHOLIC http://www.dholic.co.jp/
ヘアアクセサリーの三角バレッタ:sAn http://san-official.com/

◆金子真由美プロフィール


「ヘアアレンジの神」と言われ圧倒的な人気を誇るヘアスタイリスト。

女子の心をつかむ可愛いゆるさと、スタイリッシュさを兼ね備えたヘアアレンジは、「大人がやりたいアレンジ」として予約が殺到。デイリーなスタイルからパーティー、ウエディングまで、さまざまなシーンのヘアアレンジを紹介したインスタグラムが、フォロワー7万人を超える大人気に。

現在、テレビやラジオから出演オファー殺到中。雑誌や書籍などでも幅広く活躍。Hair Salon BOTTOMSに在籍。新刊『ディズニーヘアアレンジブック』も話題に。