虫が良過ぎるような「とと姉ちゃん」84話

写真拡大

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第14週「常子、出版社を起こす」第84話 7月9日(土)放送より。 
脚本:西田征史 演出:大原拓


今日も、疑問を感じる箇所に【黒とと】、良いと思う箇所に【白とと】としてみます。

冒頭、戦後復興期の町並。よくできた美術とCG。列車が走るところは何度見てもすごいなあと思う。【白とと】

「スタアの装い」のパクリ雑誌が大量に出て、しかも安価だったため、増刷分が全然売れない。
ひとしきり「スタアの着物」「貴女はスタア」「装いのスタア」・・・とパクリネタコントが続く。
そして、元祖「スタアの装い」を一瞥し「高っいわねえ〜〜」と去っていく通りすがりの女性達。芝居のトーンがナチュラルな時とザッツ商業演劇みたいな時とまばらで、どういうテンションで見ていいか混乱する。【黒とと】

仙花紙は安い分、劣化が早く激しく、ますます売れなくなる。評判も落ちたため、次はどうしようと悩む小橋家一同。鉄郎(向井理)、ジーンズビジネスに失敗して舞鶴へ。
まったくの余談だが、鉄郎、きっと「神の舌を持つ男」として全国温泉巡りに行くに違いない。あと、「とと姉」スピンオフは、鉄郎主役で彼のことをもう少し掘り下げてほしい。【黒とと】

古本屋の前を通った花山伊左次(唐沢寿明)。五反田の話を思い出して、「スタアの装い」を購入する。
その頃、常子は甲東出版へ相談に。「もう失敗できないんです」とすがるが虫が良過ぎるような・・・。谷(山口智充)も出戻りと勘違いしたとはいえ、そうでなくてもなんとなく面倒くさくなりつつ見えるのは気のせいだろうか。【黒とと】

五反田が、花山伊左次を頼るといいと連絡先を渡し、彼は絵も文章も編集の力量も業界で有名で、さらに「女性への目線はどことなく女性側の視点で見ている」気がすると言う。いい話なんだけど、説明的過ぎるかなあ。【グレーとと】

すごく前向きな明るい音楽がかかり、買って来た「スタアの装い」を読む花山と、なぜか、昔、甲東出版で依頼したイラストを家に持ち帰っていて、その絵を取り出しじっと見つめる常子のカットで、15週に続く。
ああ、いよいよ花山と常子が黄金コンビになるのね! と期待がふくらみつつ、常子、会社で依頼した絵を私物化? とこの手の仕事をしたことのある身としては、なぜの嵐。【グレーとと】

さて、こんなに大量にパクリ雑誌が出るなんて・・・とも思ったが、これは、常子と花山伊左次のモチーフになった伝説の雑誌「暮しの手帖」創業者の大橋鎭子と花森安治とが実際に体験したことのようだ。ふたりが戦後出した「スタイルブック」が大当たりすると、似たような雑誌が3、40冊出たらしい。
「『暮しの手帖』とわたし」の引用もある津野海太郎の「花森安治伝」を読むと、花森も戦争が終わった瞬間は、まず「これでもう戦争に行かなくて済んだ、死なずに済んだというエゴそのものび感情」だけで「底抜けにワーッとうれしい」という感情を抱いたとある。「とと姉ちゃん」では、終戦時の花山はかなり深刻な顔をしていたが、花森の喜びの感情は常子のほうに生かされたようだ。

モチーフにしている人物の自伝や評伝をストレートには使わず、解体して再構築しようという工夫は感じるものの、長丁場の朝ドラ作業はかなり大変なのか、15週から頑張るから今週はちょっと許してとばかりに【黒とと】部分が多い印象。これからの折り返し、ひっくりかえしを期待する。
(木俣冬)