10日、米韓が韓国に高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決定したことついて、中韓関係に深刻な悪影響をもたらすと指摘されている。資料写真。

写真拡大

2016年7月10日、斉魯晩報によると、米韓が韓国に高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備を決定したことついて、中韓関係に深刻な悪影響をもたらすと指摘されている。

【その他の写真】

ロシア科学アカデミー極東研究所朝鮮研究センターの上級研究員は、米国が韓国にTHAADを配備する本当の目的は中国とロシアの弾道ミサイルを迎撃することであり、THAAD配備は韓国の安全を保障するものではないと指摘。中国外交学院戦略・平和研究センターの蘇浩(スー・ハオ)主任も、THAAD配備によって韓国は米国の戦略的なコマになると話している。

こうした挑発的な行動は、中国とロシアの対抗措置的な反応を引き起こすことになり、中韓関係を損ねるだけの結果しか生まないと指摘されている。中国国際問題研究院の阮宗沢(ルアン・ゾンザー)副院長は、中韓関係のみならず、米中関係や露韓関係にも悪影響をもたらすことになると予想している。

表面的には、韓国は米国の力を借りて自国の安全を保ち、北朝鮮に圧力をかけようとしているが、実際には、この配備決定は韓国の地域における立場を危ういものにしたとみられている。(翻訳・編集/岡田)